プロデュースノート wedding plan

Voice of the heart

挙式では家族との絆を深め、披露宴ではゲストとの一体感を大切にした構成で、全ゲストに満足してもらえるウエディングを目指します。

ポイント ポイント

  1. 家族の愛について考え、たどり着いた独立型教会
  2. 2つの家族が1つになる、オリジナルセレモニー
  3. リラックスパーティで、素敵なひとときを

コンセプトストーリー コンセプトストーリー

家族の愛について考え、たどり着いた独立型教会



新聞社に勤めている新郎と、出版会社で忙しい日々を送る新婦。
ふたりとも聡明でまじめな人柄です。

いざ結婚式を挙げよう、となったとき、その晴れの日が「家族との絆を深めるきかっけになれば」と考えました。
そんな新郎新婦に提案されたのは、都会にひっそりと佇む独立型教会。
静寂に包まれた厳かな礼拝堂は、自然と心が落ち着きます。

親族控室でのプライベートな時間も、大切なひととき。
この日ばかりは、長年育ててくれた両親に素直に感謝の言葉を伝えることができるはず。
長年心のどこかで感じていた隔たりも、スッと取り払われていく事でしょう。

心と心が通じ合う、本格挙式のひとつの理想形がこのプロデュースノートに。



2つの家族が1つになる、オリジナルセレモニー

家族の絆を固めたい、と結婚式を挙げることにした新郎新婦。
そんなふたりだからこそ、きちんとその想いをカタチとして表現したい。
そこでこのプロデュースノートでは、あるセレモニーが提案されています。

伝統的なキリスト教式を行う欧米では定番とされながらも、日本では珍しいこのセレモニー。
家族にも参加をしてもらえるので、結婚式をきっかけに親子の絆を深めたいふたりにピッタリです。

感動的なオリジナルセレモニーをぜひプロデュースノートでご覧ください。



リラックスパーティで、素敵なひとときを

温かみのある挙式の後は、同敷地内のパーティ会場でゆったりとした時間を過ごします。
ここでふたりが大切にしたことは、シンプルな心掛け。
ゲスト目線に立ったスタイルで、年配の方々にまで喜ばれるおもてなしがかないました。

主張しすぎず、でも質素になりすぎず、というバランスがパーティでも難しいところ。
どんなことに気をつければ、感動を共有できるリラックスしたパーティがかなうのか。
ぜひセンスあるふたりの実例を参考にしてみてください。



”自分らしい結婚式”の
相談をする(完全無料)

「何も決まっていない」という方も、「理想の会場を見つけたい」という方も、まずはご相談から。 プロデュースノートで、ふたりの“こだわり“が叶う会場探しを♪

プランニングから見学手配まで結婚式場探しのトータルサポートはgensen weddingだけ!