プロデュースノート wedding plan

3PEACE

再婚&子どもと共に、という結婚式の深い意味を実感。
親子の絆、家族の絆を深める至福ウエディングを紹介します

ポイント ポイント

  1. 子連れ結婚式だからこその温かみある挙式
  2. 親子3人の幸せな門出を、みんなが祝福!
  3. アットホームだけど、料理は本格フレンチ

コンセプトストーリー コンセプトストーリー

子連れ結婚式だからこその温かみある挙式



結婚式にはさまざまな形があります。
このプロデュースノートに登場するカップルは、新郎は頼もしいカフェのオーナー、新婦は6歳の女の子を育てるワーキングママ。
再婚ゆえ結婚式に対して遠慮がちだった新婦ですが、
ふたりのキューピッドになってくれた娘のためにも、
そして両家の絆を深めるためにも、結婚式を挙げることを決意します。

挙式の舞台は本格的な独立型教会でのセレモニーがかなう「南青山ル・アンジェ教会」。
神聖な空気が漂う空間、厳粛な雰囲気のなか、リングガールを務める娘さんの愛らしい姿に、
ゲストもふたりも笑顔がとぎれることがありません。

ふたりだけじゃない、3人だからこそ何倍もあったかいウエディング。
さまざまな要素を盛り込んだ、“3PEACE”ウエディング“の全容をぜひご覧ください。





親子3人の幸せな門出を、みんなが祝福!

忙しい毎日を送り、シングルマザーとして頑張ってきた新婦は、
晴れの日を一緒にお祝いしてくれる家族や親族、友人の大きな愛を、あらためて実感します。
もちろん、この結婚式を一番後押ししてくれた、新郎の愛も。

一番伝えたいのは「ありがとう」の気持ち。
そこにいるだけで場を和ませてくれる娘さんの存在もあり、
さまざまなサプライズ演出がとても意味のある、忘れられないものになりました。

普段なかなか言葉にできない感謝の想いを、どのように伝えたのか。どうぞプロデュースノート本編で。





アットホームだけど、料理は本格フレンチ

大切なゲストに集まっていただいたからこそ、料理は決して妥協したくない。
新郎新婦にとって、ここも譲れないポイントでした。
その点、パーティ会場は「南青山ル・アンジェ教会」に併設する、フレンチレストランの名店「ラ・ロシェル南青山」なので安心。
誰もがよく知るフレンチの鉄人・坂井宏行氏がオーナーシェフを務めており、素材の味を生かした繊細なフランス料理を堪能できます。

充実のキッズメニューや、料理でのサプライズ演出もうれしい配慮。
アットホームな雰囲気のなか、親子3人で理想のウエディングがかないます。
さあ、おばあさまの涙のワケは? 楽しいパーティの模様をチェックしてください。

”自分らしい結婚式”の
相談をする(完全無料)

「何も決まっていない」という方も、「理想の会場を見つけたい」という方も、まずはご相談から。 プロデュースノートで、ふたりの“こだわり“が叶う会場探しを♪

プランニングから見学手配まで結婚式場探しのトータルサポートはgensen weddingだけ!