プロデュースノート wedding plan

Journey これまでのふたり これからのふたり

海外のウエディングのように素敵な、ハンドメイド・ウエディング。
ゲストと一緒に、飾らずリラックスして楽しむパーティのご提案です

ポイント ポイント

  1. ゲストの間に一体感を生む、エスコートグッズとプレゼントリレー
  2. みんなで作る席次ボードは、世界に一つだけのオリジナル
  3. 料理にもオリジナリティ。“自然の恵み”でおもてなし

コンセプトストーリー コンセプトストーリー

ゲストの間に一体感を生む、エスコートグッズとプレゼントリレー



ふたりはゲスト全員のことをよく知っているけれど、ゲストにとっては初対面の方も多いもの。
数時間のうちに、心から打ち解けていただくことは、実は難しいのかもしれません。
そんなゲスト間の壁を自然に取り払って、一体感を生む提案をしているのが、このプロデュースノートです。

まず、ゲストにはエスコートグッズとして、おそろいのバンダナを用意。
男性ゲストは胸ポケットに、女性ゲストは可愛く手首に。グループごとに色分けされているので、
初対面でも「新婦の学生時代のお友達ですか?」というふうに、自然に会話が弾むことでしょう。
パーティ中に行う「プレゼントリレー」も、一体感が生まれる演出。
リレーされたゲストには、次にリレーするゲストの紹介をしていただきます。

さらに、パーティの結びのエンディングムービーにも、一体感を生むアイデアが!
それは・・・プロデュースノートを見てのお楽しみです♪





みんなで作る席次ボードは、世界に一つだけのオリジナル

ところで、海外のおしゃれなウエディングは、お金をかけずに素敵な思い出を作るアイデアが豊富です。
このプロデュースノートも、披露宴の席次ボードをゲスト全員で完成していただくという『手作り感』にこだわりました。
新郎新婦が用意しておいた、ゲスト一人ひとりの名前とメッセージ。
その隣に、チェキで撮影したゲストの顔写真を貼って、お祝いのメッセージを書き込んで――。

今日、ここに集まったすべての人の手によってできあがる席次ボードは、世界に一つだけのオリジナル!
お金をかけて印刷した豪華な席次表よりも、ゲストの心に残るものになるのかもしれません。





料理にもオリジナリティ。“自然の恵み”でおもてなし

『手作り感』や『オリジナリティ』を大切にする新郎新婦の思いを受けて、シェフからも素敵な提案を。
この結婚式の会場である「THINGS Aoyama Organic Garden.dth」の高木シェフは、
ミシュランの三ツ星を獲得した「ル・ブリストル」を始めフランスで17年のキャリアをもつ実力派。
五感のすべてで“自然の恵み”を感じられる料理に定評があります。

色とりどりの野菜に彩られたフレンチのフルコース・・・だけではなく、
なんと、ゲストが自分で料理を完成させる楽しみが盛り込まれたメニューなのです。
海外経験の長い高木シェフならではの、心あたたまるおもてなしも必見です。

”自分らしい結婚式”の
相談をする(完全無料)

「何も決まっていない」という方も、「理想の会場を見つけたい」という方も、まずはご相談から。 プロデュースノートで、ふたりの“こだわり“が叶う会場探しを♪

プランニングから見学手配まで結婚式場探しのトータルサポートはgensen weddingだけ!