フラワーシャワーに代わるアフターセレモニー演出って?

結婚式に欠かせないフラワーシャワー。最近ではお花以外にも色んなアイテムを使ったシャワーがあることで注目されています。今回はそんなフラワーシャワーの基礎知識から、他にもどんなシャワーがあるのかまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラワーシャワー

出典:gensen wedding | アニヴェルセル東京ベイ


フラワーシャワーの基礎知識

フラワーシャワーとは、キリスト教式の結婚式で用いる慣習の一つで、チャペルの外に出てきた新郎新婦に向かって花びらを撒いてお祝いすることをいいます。
この花びらには「花の香りで辺りを清め、災難から2人を守って幸せを祈る」という意味が込められているのです。
この定番の演出をアレンジすることで、色々なシャワーが生まれています。

フラワーシャワー

出典:gensen wedding | アニヴェルセル豊洲


ふわっと風に乗る虹色の玉、バブルシャワー

最近人気になりつつある演出がシャボン玉を使った「バブルシャワー」です。
キラキラと虹色に輝く玉が2人の周りをあふれんばかりに漂うその演出は、とっても幻想的。フラワーシャワーよりもシャッターチャンスが多いことでも人気があります。
結婚式用の可愛らしいボトルに詰められたシャボン玉キットも販売されるなどしており、ブームになりつつある演出のひとつです。

バブルシャワー

海外トレンドとして人気があるリボンワンズ

海外ではトレンド、日本でも人気になりつつある「リボンワンズ」。「ワンズ」とは杖のことで、名前の通り、リボンがついたスティック状のアイテムとなっています。
このアイテムをお見送りする2人に向かって振ってもらうという演出になっています。
手作りもできますし、自分の好きなカラーでアレンジすることも可能なので、若い女性に大変人気があります。レースを織り交ぜるなど工夫しても素敵ですね。

shutterstock_188378783

ふんわりと可愛らしい羽が舞う、フェザーシャワー

真っ白な天使のような羽を撒く「フェザーシャワー」もあります。
清楚なイメージの白い羽は、まさに花嫁さんにピッタリ。暖かみのあるアイテムなので、秋冬の結婚式にも良いですし、フラワーシャワーにフェザーを混ぜるのも人気が高い演出です。
滞空時間も長くまるで映画のワンシーンのような写真が撮れますので、写真映えを気にする方にはオススメです。

フェザーシャワー

神前式などの和婚にマッチする折り鶴シャワー

和装にとても映える「折り鶴シャワー」の演出もあります。
とても可愛らしい小さな折り鶴を花びらの代わりに撒いてお祝いするこの演出、和婚をするカップルには大変人気があります。
紅白のみの折り鶴でもおめでたい感じがして素敵ですし、和柄の千代紙などで色とりどりの折り鶴を折ってもキレイですよね。
手作りすることで、ゲストにも喜んでもらえそうな演出です。

折り鶴

出典:gensen wedding | クラシカ表参道


まとめ

アフターセレモニーにはこれ以外にもたくさんの種類やアレンジがあります。
1つのアイテムを使うだけではなく組み合わせても良いですし、アレンジが自由自在のアフターセレモニー。
自分たちらしいアイテムをチョイスすることで、より一層素敵な結婚式になることでしょう。

関連する記事

  • TOP
  • 内容
  • フラワーシャワーに代わるアフターセレモニー演出って?

タグ一覧