三方が海!ヨットハーバーもある広大な非日常空間でウエディング♪

「アクセスのいい都心のホテルもいいけれど、一味違う、自慢できるような式場を選びたい!」「広々とした開放的な場所で式を挙げたい」。そんなカップルにピッタリのウエディング施設を見つけました!東京ドーム4個分というスケールの大きな『シーサイド リビエラ  』。一体どんな魅力があるのか、ホームページにも書かれていない、とっておきの情報を詳しくリポートします。 (取材:gensen wedding 編集部/文:Y.Tajima)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

032

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


1. 首都圏の結婚式場では、アクセスはよくても“日常感”が出てしまう?

親族が集まりやすい場所、勤務先の近く、ターミナル駅に出やすい場所など、結婚式場を探すときに、まずはアクセスの良さを重視する人は少なくありません。でも、都心の式場やゲストハウスはスペースが限られていることも多く、周囲のオフィス・店舗・ビルなどへの配慮から音出しに制限があったり、近くの建物からの目線が気になってしまう場合も。

そのため最近は、「この日のためにドレスアップして来てくれる友人たち、わざわざ集まってくださる親族・仕事関係者のためにも、思い切って非日常空間を楽しんでもらいたい」と考えて、テーマパークなど一風変わった場所で挙式やパーティーを行う人もいます。

「テーマパークとまではいかなくても、特別感のある場所で結婚式を挙げたい」
「他ではなかなか見つからないような、非日常的なロケーションにこだわりたい」
そんな方におすすめしたいのが、逗子にある『シーサイド リビエラ  』です。

_DSC4947sss_low (2)

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


2. ヨットハーバーやリゾートマンションも!セレブ向けリゾート内の一等地に立つ式場

シーサイド リビエラ  』は、『リビエラ逗子マリーナ』という総合レジャーリゾートの中にあるウエディング施設です。海に突き出した半島にある広大な敷地の中には、セレブなオーナー向けのヨットハーバーや、リゾートマンション、プールやテニスコート、レストランなどが点在。ここにセカンドハウスやヨット・ボートを持つセレブも多く、優雅に休日を楽しんでいる姿も見られるのだとか。ステイタスが感じられる場所ですね。

レジャーリゾート内ということもあって、『シーサイド リビエラ  』の敷地内には公道も電柱もありません。どこまでも海と空を見渡せて、海外リゾートのような雰囲気。何もかもがフォトジェニックなので、雑誌やCMの撮影にもよく使用されています。また、パーティ会場をウエディング以外の目的に利用する方も多く、タレントや芸能人のパーティが開かれることも。

SR逕サ蜒・IMGP4897

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


3. すべてがフォトジェニック!極上リゾートのようなウエディングを

チャペルとパーティ会場は一番先端の海側にあり、すべてオーシャンビュー。4つのチャペルと5つのパーティ会場がそれぞれ独立した建物になっています。すべてのパーティ会場にガーデンやテラスが付いている贅沢な造り。会場内と外の景色が溶け合い、屋外でも心地よい潮風と新鮮な空気が感じられて、まさに極上のリゾートのよう。ゲストからも思わず感嘆のため息が漏れそうです。

都心の式場とは違い、ビルなどに遮られることがなく、空間の広がりと開放感が違います。特におすすめの演出はバルーンリリース!遮るものが何もない広い空いっぱいに、色とりどりのバルーンが舞い上がる様子は圧巻です。

SR逕サ蜒・IMGP3842


4. 昼間はもちろん、サンセットも素敵!大胆なデザインのドレスも合うロケーション

シーサイド リビエラ  』のサンセットタイムは、昼間とは一味違う雰囲気。水平線に沈んでいく夕日と共に空の色が変わり、様々な表情を見せてくれる…そんな雄大な大自然をバックに写真撮影をするカップルもいれば、照明を落として音楽フェスのようにガーデンやテラスで音楽を流し、DJを登場させる、なんていうカップルもいます。

周囲にビルや住宅がある“リゾート風”の式場とは違い、本物のリゾートの中にあるからこそできる、絵になる演出です。インパクトの強いデザインのウエディングドレスや、華やかな柄のリゾート風カラードレスなども映えるので、思い切った衣裳を選ぶ花嫁も多いそうです。

ちなみに、気になるアクセスは都心から1時間程度と、意外に近いのも嬉しいポイント。横浜エリアからはさらに近く、「思ったより近く感じた」「それだけの時間をかけてくる価値が十分にあった」「海外ウエディングと比べたらずっとアクセスがよくて満足度が高い」と好評だそうです。

800_600_7

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


5. まとめ|レストラン・カフェの一般利用も可能。ぜひ一度下見を

シーサイド リビエラ  』の魅力を言葉で表すのは簡単ではありません。青い空と海、芝生の緑と風に揺れるヤシの木…。この雰囲気を、ぜひ多くの方に一度味わっていただきたいと感じました。週末のデートも兼ねて、一度訪ねてみてはいかがでしょうか。「まずはアクセスを自分で確かめたい」「ブライダルフェアを申し込む前に、景色だけでも見てみたい」という方は、リゾート内のレストランやカフェを利用してみるのもおすすめですよ!

001


元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 三方が海!ヨットハーバーもある広大な非日常空間でウエディング♪