和風の結婚式を挙げる花嫁の衣装の白無垢とは?その選び方の基礎知識

結婚式の花嫁衣装と言えば、ウェディングドレスが定番ですが、日本古代から伝わる白無垢も根強い人気があります。 しかし、ウェディングドレスとは違って白無垢のデザインはどれも同じに見え、どれを選べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこで、白無垢の選び方とその際の注意点についてご説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生地で選ぶ

まず、白無垢選びで重要なのは生地です。生地には大きくわけて正絹と化学繊維があります。正絹とは天然シルク100%のものを指します。色合いはベージュに近い白で、上品な光沢と柔らかな肌触りが特徴です。それに対して、化学繊維は生地が固めで着崩れを起こしやすいという欠点があります。その一方で、値段が安い、真っ白な色合いがよいという理由で化学繊維を選択する人もいます。それらの特徴を把握した上で生地を選ぶようにしましょう。

白無垢

絵柄で選ぶ

白無垢の柄は鶴や鳳凰、松竹梅などの縁起の良いものが用いられています。これに関しては好みのものを選べばよいのですが、気をつけてほしいのは白無垢の柄は背中がメインであるという点です。これは挙式の時、参列者が見るのは花嫁の背中がメインになるためです。したがって、柄を選ぶ際は正面からだけでなく、背中から見た雰囲気もよく確認することが重要になります。

白無垢

ふきで選ぶ

白無垢には裏地が表に姿を見せている部分があります。それがふきです。
大半の白無垢はふきも白色なのですが、中には赤いふきも存在します。
赤ふきと呼ばれるもので、魔除けの意味がこめられているという説があります。

そして、この赤ふきは『白無垢も素敵だけど、白一色だけでは地味すぎる』と思っている方におすすめです。
白と紅のコントラストがほどよいアクセントになり、顔映りが良くなるというメリットもあります。

白無垢

髪型の選択

白無垢を着用する場合、服装だけでなく、頭の部分はどうするのかという問題があります。
日本古来の伝統にこだわるのであれば、かつらを着用してその上から綿帽子や角隠しをかぶることになりますが、カツラが似合わないと悩んでいる人も多いかもしれません。
しかし、昔と比べカツラも軽量なタイプや地毛に近い明るめのカラー等が登場し、自分に合うものを選びやすくなっているようです。

洋髪の場合は綿帽子や角隠しの代わりに生花や髪飾りを身につけます。
ただし、格式の高い神社などで結婚式を挙げる場合は綿帽子着用が必須のため、事前の確認が必要です。

shutterstock_552653263

扇子を選ぶ

白無垢に欠かせないアイテムに扇子があります。末広と呼ばれる婚礼用扇子です。白い房のついた金の扇子を持つのが一般的ですが、現代では洋式の結婚式の影響もあって花飾りのついた扇子ブーケというものも増えてきました。他にも、扇子ではなく、和装用のブーケとして白無垢の花嫁が手にしても違和感のない、ボールブーケなどが用いられるようにもなっています。

AdobeStock_71238139

おわりに

古来より引き継がれてきた伝統的な結婚式にも憧れるけれど、白無垢が自分のイメージにそぐわないのでどうしようかと迷っている方もいるでしょう。しかし、現在では、伝統的な白無垢に現代的な要素を取り入れたスタイルも増えてきました。そういったものも考慮に入れて、改めて検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

  • TOP
  • ビューティー
  • 和風の結婚式を挙げる花嫁の衣装の白無垢とは?その選び方の基礎知識

自分らしい結婚式を
提案してもらう(完全無料)

無料カウンセリング

gensen weddingは、自分らしい結婚式を実現できるブライダル相談カウンター。 会場見学をする前に、おふたりのこだわりや予算をプランにして、ふさわしい結婚式場をご紹介。見積りがわかり、強引な勧誘もなく、提示額も最低価格を保証しているので、安心して契約できます。 サロンで相談 LINEで相談

タグ一覧