まるでふたりの人生を共に歩んできた人のよう。頼れる結婚式場スタッフに見える共通点とは?|THINGSオリジナル取材記事

「まだぼんやりとしか結婚式のイメージが湧かない」
「私たちらしい結婚式にしたいけれど、自分たちだけで作れる自信はない…」
これらは、gensen weddingのカウンターに寄せられる相談です。右も左もわからないから、頼れるスタッフがいる式場がいいという方もいらっしゃいます。
では、どのような結婚式場のスタッフなら信頼できるのでしょうか?
今回は、新郎新婦と同じ目線に立った提案力に定評がある『THINGS Aoyama Organic Garden.dth』に取材。頼れる結婚式場スタッフに共通するポイントをうかがってきました。(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

THINGS

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth

 

1. ふたりらしい結婚式を、たった1つの言葉から紡ぎだす

ふたりらしい結婚式を挙げるためには、ふたりからの情報提供をもとにテーマやコンセプトをつくりあげていく必要があります。
そのため多くの結婚式場は、ふたりが思っていることを言葉にしやすいよう、シートを活用したり時間をたっぷりとったりしてヒアリングに力を入れているのです。

とはいえ、なかにはこのヒアリングで頭を悩ませるカップルもいます。普段あまり考えることがない、これまでの人生やこれからの夫婦像について言葉にすることは、そう簡単なことではないですよね。

『THINGS Aoyama Organic Garden.dth』では、ふたりから聞き出した言葉がたとえ1つでも、そこからふたりらしい結婚式をつくってくれる心強い結婚式場です。

実際に、ご自身の仕事についてだけをシートに回答した新郎さんがいらっしゃいました。
この方の結婚式の時は、仕事についての1つのワードから具体的にどんな業務をしているのか、仕事と向き合うときに大切にしていることなど、新郎さんの中にある価値観を引き出してテーマを決定したそうです。

「ふたりらしさ」や「結婚式のテーマ」は自分たちだけで答えを出さなくても大丈夫!
おふたりが「これだ!」と思えるコンセプトやテーマを紡ぎだしてくれる人とならきっと、ふたりらしい結婚式づくりはいいスタートが切れるはずです。

s18291

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth

 

2. 理想通りの空間づくりを叶える人には、「素敵」感度の高さがある!

プランナーが、ふたりのことをどんなに素敵な言葉で表現したとしても、それを実現できなければ「ふたりらしい結婚式」は完成しません。
ふたりらしい結婚式を実現するためには、ドレスや装飾、料理などに携わるスタッフの協力が必要不可欠です。

特に装飾は多くのカップルが、デッサンや過去事例の写真からしか雰囲気がつかめないため、結婚式当日まで「どんなふうに仕上がるのかな…」と不安を感じるポイントです。

『THINGS Aoyama Organic Garden.dth』は、ふたりの想いを知り尽くしたプランナーさんをはじめ、フローリストさんが理想通りの空間づくりをしてくれると評判の結婚式場です。

フローリストさんは打ち合わせで、新郎新婦の想いをデッサンしてくれます。ここまでは一般的な結婚式場と一緒と思われるかもしれません。
ですがこちらの式場では実は、ふたりが見ていないところで綿密な調整が行われていたのです。

プランナーさんはフローリストさんに、新郎新婦の言葉をもとにデッサンした空間の実際のイメージと、セッティングにかかる時間を事前に確認したいとお願いしたことがありました。
するとフローリストさんは、朝から一緒に「イメージ確認」のためだけの空間づくりに協力してくれたんだとか。

実際の空間装飾の完成は一般的に、当日にならなければ見られません。
しかし事前に、ふたりの想いを知り尽くしたスタッフ同士が連携している結婚式場ならば、結婚式当日に「ちょっとイメージと違うんだけど…」「時間ギリギリだけれども大丈夫?」といった不安を抱えなくて済みそうですよね。

またプランナーさんは、ふたりの想いを花や装飾で形にすることを楽しんでいるフローリストさんの姿が印象的だとおっしゃいます。
カップルの数だけある「素敵な想い」を形にすることにやりがいを感じている人だからこそ、イレギュラーな要望にもたくさん対応できたんだろうなと感じました。

素敵な空間の答えはカップルの数だけある。そのことを知っている人が作る空間には、自然にふたりらしさが出てくるはずですよ。

THINGS Aoyama Organic Garden.dth

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth

 

3. スペシャリテにもふたりの人生はのせられる

近年の結婚式では、ふたりが慣れ親しんできた食材を使ったオリジナルメニューをゲストに提供するカップルも増えています。
出身地のものや実家で作っている食材を使う料理の演出は、ふたりが育ってきた背景を1皿にのせられる素敵な演出ですよね。

『THINGS Aoyama Organic Garden.dth』でも、シェフがふたりの結婚式でしか味わえないオリジナルメニューの考案と提供に応えてくれます。

新郎のご実家がお米を作っているカップルの結婚式。新郎のお父さまはそのお米に並々ならぬ誇りを持たれていました。
「塩などで味をつけず、米そのままのおいしさを味わってほしい」というお父さまの想いを形にするための料理を考案した結果、お米のおいしさを引き立てる野菜のマリネを白米へ添えることに。
その野菜も新郎の出身地のもので、しかもお父さまが好きな野菜にしたそうです。

結婚式当日は「○○家からの贈り物」という形でゲストへ提供。新郎のゲストの皆さんが、「このお米が結婚式で味わえるなんて!」と喜ぶ姿が見られました。
この演出には新郎はもちろん、「誇りを持って作ってきたものを大切な人たちに食べてもらえてうれしかった」と新郎のお父さまも大感動! 

新郎の家族を大切にする想いを知ることが、お父さまのお米づくりへの熱意を知ることにつながる。
そんな想いでシェフとプランナーが、ふたりの育ってきた背景もしっかりとヒアリングしたからこそ、その一皿に新郎新婦と家族の物語がのった素敵な事例だなと感じました。

このように、結婚式の料理にはふたりの人生がのせられます。そしてふたりの結婚式だけでしか味わえないその一皿は、プランナーだけでなく料理を作るプロであるシェフがどれだけふたりの想いをくみ取り形にしてくれるかも重要です。
料理にこだわりたい方は、シェフと直接話ができる式場を選んでみてはいかがでしょうか。

THINGS Aoyama Organic Garden.dth

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth

 

4. まとめ|ふたりの人生や想いに関心が高いスタッフとともにつくる結婚式は楽しい!

「ふたりがやりたいと言っているから」
ではなく
「ふたりの想いを形にするには、このアイテム・一皿が必要不可欠」

今回の取材を通してふたりに寄り添い導くスタッフには、「表面上」ではなく「新郎新婦と同じ目線」があるように感じました。

ふたりの想いやこれまでの人生を深く知りたい。そして形にしたい―。
このようにふたりの人生や想いに深く関心を持ち、ふたりと同じ目線で考えてくれる式場ならきっと、理想の「ふたりらしい結婚式」が挙げられると思いますよ。

THINGS

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth

【Wedding Select Fes】 自由に「見て」「着て」「聞ける」結婚式体験イベント

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

【Wedding Select Fes】 自由に「見て」「着て」「聞ける」結婚式体験イベント

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • まるでふたりの人生を共に歩んできた人のよう。頼れる結婚式場スタッフに見える共通点とは?|THINGSオリジナル取材記事