コンセプトウエディングは難しくない!ふたりらしい結婚式をかなえるコツは“頼る”こと?|アーカンジェル代官山 取材記事

これまでにはない、自分たちらしい結婚式を。

結婚式を挙げるなら、このような「ふたりらしさ」を意識してつくりたいと考えているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしgensen weddingでは、「ふたりらしさ」の軸となる「コンセプト」を考え始めてうまく形にできずに悩むカップルをたくさん見てきました。
どうすればコンセプトウエディングはうまく進められるのでしょうか。
そこで今回は、ふたりらしさを一緒に考えてくれる「アーカンジェル代官山」に、結婚式のコンセプトづくりのコツをうかがいました。(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカンジェル代官山

出典:アーカンジェル代官山

 

1 .口ベタでも大丈夫! ヒアリング力に定評のある式場でつくる、ふたりだけのコンセプト

まず大きな声でおふたりに伝えたいのは、結婚式のコンセプトはふたりだけでつくらなくていいということ。

gensen weddingはもちろん、私たちが紹介している式場は、ふたりのこれまでの人生や想いをとことん深く聞き取り、それを形にしてくれる会場ばかりです。
だから「自分たちらしさ」の答えをふたりがもっていなくても、好きなものやこれまで大切にしてきたこと、またどんな結婚式をしたいかの希望から、スタッフさんが「ふたりらしさ」を導き出してくれます。質問に答えていただけで結婚式のコンセプトができた、という声もあるほどです。

今回話を聞いた「アーカンジェル代官山」にも、もちろんヒアリング力に定評のあるプランナーさんたちがそろっています。

まずはヒアリングを通して、おふたりのこれまでの人生を振り返りながら結婚式のコンセプトを設定。そしてそのコンセプトにピッタリな、料理や花、プログラムを提案する「トータルデザインウエディング」という取り組みをしています。

例えば“ご両親への感謝”がコンセプトの結婚式では、普段なかなか会えないお父さまお母さまへ、料理の最初の一皿をおふたりが提供する時間を設けました。
思わぬサプライズに、ご両親はとても喜ばれていたそうです。また“デニム”をコンセプトにした結婚式では、ゲストだけでなくスタッフのドレスコードもデニムに統一しようと提案したんだとか。

結婚式のコンセプトは、おふたりの想いそのもの。だからこそコンセプトを尊重し常に寄り添ってくれるプランナーさんとなら、結婚式のコンセプト決めはもちろん、軸からブレそうなときも軸に立ち返り、ふたりらしい結婚式があげられるはずです。

アーカンジェル代官山

出典:アーカンジェル代官山

 

2. 期待以上!スペシャリストの力が集まるからこそかなう、ふたりの想い

結婚式は、プランナーの力だけでは成り立ちません。料理を作るシェフやキッチンスタッフ、すてきにデザインされた花で会場を飾るフローリスト、結婚式の1日のあらゆるワンシーンを切り取るフォトグラファー、ゲストへの細やかなおもてなしをするサービススタッフといった、たくさんの式場スタッフとプランナーの連携があってはじめて、ふたりの結婚式は形となります。

また連携があるだけでなく、おふたりの結婚式のコンセプトを形にするための提案をあらゆる切り口からできる、分野ごとのスペシャリストがいる式場なら、なお心強いでしょう。

「アーカンジェル代官山」にも、ふたりの結婚式のコンセプトの意図を丁寧にくみとり、よりよい1日にするための提案をしてくれる、たくさんのスタッフさんがいます。

例えばシェフ。ギリシャにゆかりのある新郎新婦から、ギリシャ料理でゲストをもてなしたいというリクエストが過去にあったそう。しかしギリシャ料理は、日本人にあまりなじみのない味わいです。
だからギリシャ料理で親しまれているソースを、オードブルをはじめ、魚や肉料理、さらにはパンにもつけられるようにアレンジすることを提案。ふ
たりが大切にしているギリシャのエッセンスを、日本人の舌に合う絶妙なバランスで、コース全体にちりばめたそうです。この提案により、料理はゲストの皆さんにも好評だったんだとか。

スペシャリストとは、単にふたりの結婚式のコンセプトを言われた通りに形にする人ではありません。
ふたりの想いをかなえるために、常に先回りをしてふたりが期待する以上の提案をしてくれる。そしてそれを確かな腕で形にしてくれる人が、結婚式のスペシャリストなのです。

アーカンジェル代官山

出典:アーカンジェル代官山

 

3. コンセプトウエディングが得意な式場には、ふたりらしさを表現する場もたくさん

コンセプトウエディングが得意な式場の特徴として、ふたりらしさを表現する場が用意されていることも挙げられます。

トータルデザインウエディングというコンセプトウエディングをしている「アーカンジェル代官山」ももちろん、ふたりらしさを存分に出せる空間を用意しています。

まずはロビー。ここにはわが家のリビングルームのように、ふたりの写真や趣味のものを展示できます。また、一棟貸し切りのハウスウエディングだから、式場全体を自分たちのコンセプトに沿って好きなように装飾できるのも魅力です。

さらに、当日は挙式前や再入場前などの時間を使って、アーカンジェル代官山のフォトジェニックなスポットでの写真撮影も可能。

昨今の結婚式ではゲストへのおもてなしを重視するがあまり、実は自分たちの時間があまり取れなかったというカップルもいます。その点アーカンジェル代官山は、貸し切り時間が5.5時間と長いので、式当日におふたりが憧れた空間で“自分たちが主役”の時間もつくれるのです。

しかもアーカンジェル代官山のカメラマンさんは式場スタッフなので、コンセプトの共有を事前にしっかりとできます。
そんなアーカンジェル代官山のカメラマンさんの中には、外部のコンテストで入賞をした経験を持つ人も。確かな腕を持つ人の作品集を見て指名も可能です。
スペシャリストに前撮りではかないにくい結婚式当日の高揚感も一緒に切り取ってもらえば、よりふたりらしい写真が残せるはず。

自分たちもゲストも主役の結婚式をつくるのは、確かに難しい部分もあります。しかしふたりの人生をみんなに見てもらえる場所と、自分たちらしさをあとで楽しむための時間をつくれる式場ならば、ゲストのおもてなしも充実させつつ、自分たちもとことん楽しめる結婚式がつくれるでしょう。

アーカンジェル代官山

出典:アーカンジェル代官山

 

4. まとめ|1からつくる結婚式も、スペシャリストと一緒なら悩まない

「自分たちの結婚式だから、私たちが頑張らなくては!」

このように思うかたもいるでしょう。もちろんその気持ちは、結婚式づくりにとってとても重要な土台となります。

しかし結婚式は、人生でそう経験するイベントではありません。だから、ふたりで頑張ろうと思っても思うように進まないこともあるでしょう。
そんなふたりのために「結婚式のことなら、なんでもおまかせを!」と、式場スタッフがいるのです。

ふたりの想いを第三者目線も持ちつつ、自分ごととして考え、形にしようと最善を尽くしてくれる人たちに頼ればきっと、1からつくる結婚式も難しくないはずですよ。

アーカンジェル代官山

出典:アーカンジェル代官山

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 月・火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • コンセプトウエディングは難しくない!ふたりらしい結婚式をかなえるコツは“頼る”こと?|アーカンジェル代官山 取材記事