“試食付”ウエディングフェアでチェックすべき5つのポイント★

結婚式では大切なゲストを美味しいお料理でおもてなしをしたいという方も多いのではないでしょうか。美味しいお料理は重視したいおもてなしですよね。 今はほとんどの会場が試食付のフェアを開催しています。試食ができるフェアで確認しておきたいポイントはどこでしょうか。今回は、試食フェアで確認したいポイントをまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試食会

なんといっても味と会場オススメの一品

1番重要なポイントはもちろん味の好みが自分たちやゲストに合うのかどうかです。自分たちに合うかどうかはもちろん、招待するゲストの顔ぶれを考えながらゲストの口にも合うかどうかも大切なポイントです。

またその会場のオススメのお料理も確認しておきましょう。最近のフェアではフォアグラや黒毛和牛などを使用した会場オススメのお料理の試食ができる会場も多数あります。会場の顔、とも言えるオススメの一品。ぜひとも確認しておきましょう。

フォアグラ

出典:gensen wedding | TERAKOYA

ゲストにも満足してもらえるボリュームか

フルコースで食べるお料理で気にしたいのはボリューム感です。せっかくの結婚式なのでゲストに「物足りなかったな」と思われないようなボリュームがあるかどうかは確認しておきたいところです。ゲストにとって、結婚式の料理は楽しみにしているメインイベントでもあります。「お腹がいっぱいになったなぁ」と思ってもらえるくらいのボリューム感のほうがゲストの満足度も高くなります。ひと皿毎のボリュームはもちろんですが、どのくらいの品数がでてくるのかも要チェックです!

料理2

結婚式当日も提供できるお料理なのか

会場によっては様々なコースからオススメのお料理を提供してフェアの限定メニューにしていることも。フェアで試食するお料理が結婚式の当日に提供できるお料理なのかは試食した際にもぜひ確認しておきましょう!

また、当日に提供できるお料理でも、コースにより金額が大きく変わるため、どのコースに含まれるお料理なのか確認しておくと料理の予算も考えやすくなります。

料理

出典:gensen wedding | TERAKOYA

アレンジにどこまで対応してもらえるのか

おふたりらしさを感じてもらえる結婚式を表現するにはお料理も大切なポイントです!

例えばそれぞれの出身地の食材を使ってオリジナルの一品をシェフと相談して作ってもらったり、今までのお祝いごとの際に必ず家で食べていたお料理を作ってもらったり。おふたりの過ごしてきた思い出をゲストと共有できるのもゲストには喜ばれます。

またこのようなアレンジだけではなくアレルギー食材への対応も確認しておくといいでしょう。アレルギーへの対応はほとんどの会場が行ってくれるはずなので、どのように対応してくれるのかを具体的に聞いておくと安心ですね。

料理4

お料理に欠かせないドリンク

お料理を楽しむためにはドリンクも重要になってきます。ドリンクの種類もしっかり確認しておきましょう!

ドリンクはプランになっている会場も多く、プラン価格によって種類が変わることがほとんどです。お酒が好きなゲストが多ければどんな種類のアルコールが用意されているのか、
お子様が多ければソフトドリンクの内容なども聞いておくといいでしょう。

おふたりが好きなアルコールを使ってオリジナルのカクテルを提供するのもゲストには嬉しいおもてなしです。また、パーティ中のドリンクだけではなく待ち時間を過ごす控室ではどんなドリンクが提供されるのか把握しておくこともゲストへのおもてなしを考える上では大切です。

ドリンク

まとめ

いかがでしたか?「ふたりの結婚式のお料理、どれもおいしかった!」「今まで食べたことのないお料理で、ふたりならではですごく良かった」など結婚式の全体の感想にも影響するほど重要なポイントとなるお料理。だからこそ見た目も味にもこだわりたいですよね。

試食付きのフェアに参加してみると、味はもちろん、その他にも盛り付けの華やかさや、サービス面など、体験してみて分かることがたくさんあります。事前にしっかりチェックして、自分たちらしい結婚式を叶えましょう!まずは試食付のフェアに参加しておふたりの晴れの日を彩るお料理をチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

出典:gensen wedding | 青山迎賓館

関連する記事