ありそうでなかった! より満足度の高いウエディングに仕上げてくれるという、 随所にちりばめられたクラシカ表参道の“ひと工夫”とは?

『クラシカ表参道』のコンセプトは、「華美な演出などなくても伝わる、ひと工夫あるおとなのおもてなしウエディング」。この“ひと工夫”が、建物や空間といったハードから、演出やサービスなどのソフトまで、随所にちりばめられています。これまでにありそうで意外になかった! と喜ばれるものも少なくないとか。それらが積み重なって、ゲストにとっても印象深く、ふたりの満足度も高いウエディングを創り上げてくれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道


京都の建築デザイナーが手掛けた和モダンな空間は、それだけでインパクトたっぷり

クラシカ表参道」を訪れる人にまず大きなインパクトを与えるのが、そのたたずまい。緑鮮やかな竹林に囲まれ、美しい古都に来たかのようです。有名ブランド店が並ぶファッションの街・表参道の一角。駅からわずか2分の距離なのに、まさに別世界です。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道

メイドインジャパンのモダニズムをデザインしたという館内も、他にはない雰囲気。伝統的な美しさと今様のスタイリッシュさが融合し、独特の世界観が表現されています。人によって好き嫌いがはっきり分かれるそうですが、好きな人は思わず天井や柱などの細部まで見入ってしまうとか。テラスや日本屈指の庭師が手掛けたという庭園もあり、緑豊かな木々や陽光に包まれ、自然美にもあふれています。

“ひと工夫”と呼ぶにはあまりにも大掛かりですが、日本の粋を感じる空間は非日常感にもあふれ、ウエディングシーンを忘れられないものに仕上げてくれそうです。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道


派手な演出などなくても、寿司やソルベがライブパフォーマンスに

こちらで鉄板のパーティー演出が「寿司ビュッフェ」。バンケットに隣接したホワイエなどに専用コーナーを設け、なんと寿司職人が目の前で握ってくれるのです。何種かの寿司がプレートに並べられ、自由に選べるスタイルはよくありますが、専門店さながらにライブで握ってもらえるのは稀。行列ができるほど人気があるといいます。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道

この寿司ビュッフェとセットになった「お茶ビュッフェ」も他ではあまりないもの。好きなお茶がリクエストでき、抹茶はその場で点ててくれます。お酒が苦手な人にも楽しんでもらうために考案された“ひと工夫”だそうですが、お酒好きでも色々なお茶を試したくなりますね。特に女性に人気があるようです。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道

お口直しのソルベも、ライブ演出のひとつになっています。目の前で材料と液体窒素を混ぜると、沸き上がる白い煙とともに、瞬間でシャーベットの出来上がり。まるで手品のようなパフォーマンスに会場が盛り上がります。新郎によるサプライズ演出にするケースも多いとか。「パテシェの登場です!」というアナウンスの後、コックコートに身を包んだ新郎が現れると、ゲストもワッと沸くそう。面倒な準備もいらず、特別な技術も必要ないのに、スペシャル感はたっぷり。世代を問わず好まれる演出のようです。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道


これまでに体験したことのない“ひと工夫”あるおもてなしを料理でも表現

メインとなる料理にも、ここならではの“ひと工夫”がこらされています。ウエディング料理の王道であるフレンチですが、ほとんどの人が一度ならず食べたことがあるでしょう。せっかくこちらをウエディング会場に選んでもらうのだから、これまでに体験したことがないようなひと工夫したおもてなしを料理でも表現しようと考え、ステファン・パンテル氏とタッグを組んだといいます。

素材のマリアージュをモットーにするシェフだけに、その組み合わせはとても斬新。奈良漬け×フォアグラ、デザート×バルサミコ酢など、聞いただけではとても味の想像がつかないものばかりです。ところが、奈良漬けやフォアグラが苦手な人をも魅了するのだそう。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道

これらを会場に備えられたオープンキッチンからゲストの元へ。次々と仕上げられていく料理を目の当たりにするライブ感も大切な演出に。美味しいのは当然のこと、楽しさや驚きまで料理が演出してくれるなら、まさに“華美な演出”は必要ないかもしれません。それでもおもてなしの心は充分に伝わるでしょう。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道


自撮りマシーンやアフターパーティーは、ゲストにも喜んでもらえる“ひと工夫”

フォトプロップスなどを並べて写真コーナーを設ける演出が最近人気を集めていますが、こちらではその写真コーナーにも“ひと工夫”。本格的な照明までセットされた自撮りマシーンが用意されているのです。テラスやガーデンにソファ席などを用意して設置。新郎新婦を囲んで撮影するだけでなく、ふたりが離席中もゲストが自由に使えるので、ワイワイ盛り上がって初めて会うゲスト同士が仲良くなることもあるといいます。もちろん撮影データがもらえるので、楽しげなアルバムが作れそうですね。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道

この自撮りマシーンと並んでゲストに好評なのが、アフターパーティー。通常のパーティーの後に、なんと2時間も無料でカフェスペースが使えるのです。しかもフィンガーフードやドリンクまでセット。微妙に時間が空いてしまう二次会までの間も、楽しんで過ごせると喜ばれるそう。プラスアルファして本格的な二次会に仕上げることも可能。使い方も自由自在です。パーティーの余韻に浸りながら、友人とゆっくりおしゃべりするステキな時間を過ごしてもらえそうです。

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道


まとめ

いかがでしたか?会場の造りから演出の細部に渡って感じられる「クラシカ表参道」の“ひと工夫”。定番と思われているものに“ひと工夫”あるだけで、ありそうでなかったものを感じられて、ゲストにとって新鮮に映ることでしょう。会場をご見学される際に知っておくと、おふたりの結婚式を組み立てていくうえでもヒントになり、コンセプトに合わせて取り入れたり、おふたりらしさがさらにアップします!

クラシカ表参道

出典:gensen wedding | クラシカ表参道

【クラシカ表参道に関する記事】
関連記事①:【クラシカ表参道】伝統と流行をあわせ持つ街・表参道で 随所に“ひと工夫”をこらした大人のもてなしウエディング
関連記事②:結婚式を華やかに彩る”スペシャリテ”とは
関連記事③:“家族のように思う親密なおもてなし”ってどんなサービス? 全スタッフに浸透し、個別対応してくれる結婚式会場がありました
関連記事④: こんな結婚式料理はじめて♪苦手な食材だったのに、美味しくて完食♥ 王道のフレンチでも、こんなインパクトが残せるなら充分に個性的
関連記事⑤:好きなもの・似合うドレスも大切だけど、空間に映えることもウエディングの衣裳選びのポイント!
関連記事⑥:ゲスト全員がカメラマン!写真映えするフォトジェニックなウエディング会場が◎
関連記事⑦:ウエディング会場の写真のようにフラワーを飾ると高い!?スタンダードな内容でもハイクオリティな装飾ができる会場も
関連記事⑧:ウエディングパーティーお開きの後こそ差がつく“おもてなし”!!列席経験者に響きまくる『アフターパーティー』
関連記事⑨:遠方の会場を選ぶと結婚式の打合せが大変!?そんな心配は御無用! アイテム選びもサイト内でできる顧客満足度にこだわったwebシステムがすごい

関連する記事

  • TOP
  • 会場
  • ありそうでなかった! より満足度の高いウエディングに仕上げてくれるという、 随所にちりばめられたクラシカ表参道の“ひと工夫”とは?

タグ一覧