今からでも出来る!子連れ婚とは?ステキな子連れ婚を挙げるためのコツ

子供が産まれたけれど結婚式はまだという方は、子連れ婚って大変なのでは?と色々と不安に思うことも多いでしょう。いいえ大丈夫です。ではこれから子供と一緒にステキな結婚式を挙げたいと考えている方に、成功する子連れ婚のコツをお話しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子連れ婚をしやすい結婚式場とは?

子連れ婚をしやすい結婚式場とは、「子連れ婚を何回もプロデュースした安心のスタッフがいる」、「子供用の食事メニューが用意できる」、「おむつ替えのスペースがある」、「式当日にベビーシッターが手配でき、会場内にプレイルームが設置できる」、「打ち合わせの時も子供を預ける場所がある」、「リーズナブルに結婚式ができる」などが挙げられます。
子連れ婚をするなら、まずはそれらをきちんとチェックできれば安心です。

ハッピー

子連れ婚は企画がとても重要

子連れ婚において一番大切なのは、何よりも最初に企画をつくることです。子連れ婚とは、「子連れ婚でもできること」をやるのではなく、「子連れ婚だからこそできること、やるべきこと」があります。
それは、なぜ結婚式を挙げるのか、どんな内容にするのかをしっかり考えていくなかで、形になっていきます。そのために結婚式のアドバイザーに相談するのも一つです。

また、子連れ婚をプロデュースしてもらうコーディネーターの存在も欠かせません。いい結婚式になるかどうかは、コーディネーターの良し悪しで決まると言ってもいいでしょう。
まずは担当のコーディネーターと話をしてみて、自分たちと合うかどうかを判断しましょう。結婚式当日にきちんと準備をしてもらうことは当然ですが、何かあった場合でも臨機応変に対応できる人か?子供の気持ちがわかる人かどうかもチェックしてみましょう。

打合せ

子供にもステキな衣装を忘れずに

パパやママの衣装選びばかりに気を取られてお子さんの衣装選びを忘れてはいませんか?結婚式当日はお子さんも主役です。パパやママ以上にお子さんも注目されるのですから、お子さんの衣装もきっちりと決めましょう。
男の子ならパパと同じタキシード、女の子ならママと同じウェディングドレスしてみてもステキですね。お色直しでもパパやママたちと同系色の衣装でまとめてみるとステキです。

子供が二人

招待客のお子さんにもプレイルームを

子連れ婚をする方の年代を考えると、招待客の方々にも似たような年齢のお子さんがいる可能性があります。招待客の方のためにも、子供の年代に合わせたプレイルームとベビーシッターさんを用意しておくといいですね。会場内にそのような施設を設置することができれば、子供たちに気を使わずに安心して結婚式に集中して楽しむことができるでしょう。

子供が遊ぶ

子連れ婚の結婚式はリーズナブルに挙げることもできる

費用をかけようと思えばいくらでもかけられるのが結婚式です。一方で、費用をかけたから素敵な結婚式になるかというと、そういうわけではありません。お金をかけなくても素敵な結婚式はつくることができます。
特に、子連れ婚の場合、子連れ婚だからこそ挙げる意味がある想いだったり、子連れ婚だからこそできる演出がたくさんあります。お子様をお披露目し、お子様にフォーカスするだけでも素敵な演出になるでしょう。

ハッピー

おわりに

子連れ婚は、どんな内容にするかの企画がとにかく大事です。
「パパママプラン」や「ファミリーウェディングプラン」などのプランを挙げている結婚式場もありますが、単にお得な金額になっているものであったり、シンプルな内容になっているだけのものも少なくありません。

もしイメージが湧きにくいようでしたら結婚式のアドバイザーに相談するのも一つです。その上で自分たちのやりたい事や希望がある場合はしっかりと伝え、お子さんが主役のステキな結婚式を計画してみてはいかがでしょうか。

関連する記事