再婚の場合の結婚式とは?ケース別の紹介も!

昔と比べて再婚する人が増えているようです。それに伴い、再婚の場合でも結婚式を行うことが多くなりました。再婚の結婚式は、初婚の結婚式と何が異なるのでしょうか。そこで今回は再婚の結婚式について説明し、ケース別の紹介も行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再婚における結婚式とは?

再婚の場合、結婚式を挙げることに抵抗があるという人もいるでしょう。結婚式は夫婦となる2人が愛を誓い合う儀式です。育ててくれた親に感謝の気持ちを伝え、両家の絆を強くするなど、結婚式を行うことには多くの意義があります。

そこに初婚と再婚の区別は存在しません。再婚だからといって、規模や演出を控える必要はないのです。

指輪交換

自分たちのケースに合った工夫が大切!

どうしても再婚であることに引け目を感じてしまう人も少なくありません。堂々とできない気持ちのまま結婚式を挙げても、良い想い出にすることは難しいでしょう。そのような恐れがある場合は、引け目を感じにくい結婚式にする工夫が大切です。

新郎新婦の片方だけが再婚であるケースと再婚同士のケースがあるので、自分たちのケースにあった工夫を考えましょう。

女性

新郎が再婚で新婦が初婚のケース

結婚式は、女性の一世一代の晴れ舞台であるとよく言われます。初婚の新婦は結婚式に憧れを持っていたり、華やかな挙式を希望したりすることが多いです。新郎は再婚で引け目があったとしても、新婦の希望を尊重してあげたほうが2人の関係性が良くなるでしょう。

新婦を主役として引き立てることを意識すれば、新郎は再婚であることを過剰に意識しなくて済みます。

ブートニア

新婦が再婚で新郎が初婚のケース

新婦だけが再婚の場合は、新婦の要望に応じた規模やスタイルの結婚式にするのがおすすめです。たとえば結婚式で最も注目されるのは新婦ですが、多くの人に見られると再婚の引け目を感じてしまう場合もあります。

そのような懸念がある新婦は、少人数で行う結婚式を希望するでしょう。規模やスタイルによって、結婚式の意義が変わることはありません。

ブーケ

再婚同士のケース

再婚同士の場合は2人とも落ち着いていることが多く、大規模な結婚式を挙げたいとは考えない傾向があります。また新しい家族になる子供が複数いることも多いです。そのような事情から、レストランウエディングなどの小規模な結婚式を選択することがよくあります。

招待客を親族や親友などに絞れば、余計な気を使わずにアットホームな雰囲気で挙式を行えます。

乾杯

おわりに

今回の記事では、新郎新婦の片方が再婚のケースと再婚同士のケースについて紹介しました。また一口に再婚といっても、経済状況や精神状態、親族との関係などはカップルによって異なります。どのような場合であっても、結婚式は2人の門出として重要なものです。

現代の結婚式は多様化が進んでいるので、自分たちらしい結婚式を見つけましょう!

関連する記事

  • TOP
  • 内容
  • 再婚の場合の結婚式とは?ケース別の紹介も!

タグ一覧