再婚同士の結婚式はどうすれば良い?ポイントや注意点など

新郎新婦が再婚同士の場合、挙式するかどうかを悩むケースが多いでしょう。挙式する場合、結婚式の規模やゲストなどについて考える必要があります。今回は、再婚同士の結婚式を行ううえでのポイントや注意点などを説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再婚同士でも挙式していい?

むしろ、再婚同士だからこそ、結婚式を挙げるべきと言えるかもしれません。お世話になっている人や友人を招待して、結婚の報告を行いたいと思う人は多いでしょう。

しかし再婚同士であることを後ろめたく感じて、結婚式を挙げにくいと感じるかもしれません。その場合は、どうすれば自分たちが気兼ねなく挙式できるのかを考えましょう。

指輪交換

結婚式の規模やスタイルは?

挙式することに抵抗がある場合でも、レストランウェディングなどの小規模な結婚式であれば挙げたいという人も多いです。親族や親友、感謝している恩人など、ゲストを少数に絞れば招待しやすくなります。

さらに心的な抵抗を減らしたいなら、ウェディングドレスなどを着用しないカジュアルな挙式スタイルにすると良いです。

乾杯

ご祝儀をもらっていい?

再婚同士の場合は、ご祝儀をもらうのは気が引けるという人も少なくありません。招待するゲストは、1度目の結婚式でも招待した人が多いからです。そのため、ご祝儀なしの結婚式にするケースも見られます。

ご祝儀なしの結婚式にする場合は、事前にしっかり連絡しましょう。招待状に書くだけでは本当に不要か迷うゲストもいるので、電話で伝えるのが望ましいです。

ご祝儀

子供がいる場合は?

再婚同士の場合は、子どもがいるケースもよく見られます。gensen weddingでも、お子様がふたりと家族を強く結びつけご結婚にいたったこともあり、それをかたちにした企画書がありますのでご確認いただければと思います。

もしお子様が小さく、ゲストもですが、お子様のご負担を気にされる場合は、キッズルームや別室などの設備がある会場を選ぶことがおすすめです。

子ども

どういうスタッフが良い?

初婚の結婚式と比べて再婚同士の結婚式では、スタッフが気をつけなければならないポイントが多いです。再婚がポジティブな印象になるようにプロフィール紹介を工夫するなど、スタッフの手腕が結婚式の成否に大きく影響します。再婚同士の挙式の担当経験が豊富なスタッフがいると、心配することなく結婚式に臨めるでしょう。

女性

おわりに

再婚同士の結婚式では、ゲストへの感謝の気持ちが重要です。初婚の結婚式では、ゲストに気を配る余裕がない人もいます。しかし再婚同士の場合は、主役になりきるのではなく、ゲストをもてなすことを考えましょう。

再婚を心から祝ってくれる人たちは、新郎新婦にとって貴重な存在といえます。今後も良好な関係を続けられるように、感謝を伝えることが大切です。

関連する記事