【先輩カップル挙式レポ】手作り満載♪自然体でゲストと楽しむ「自分たちらしい」おもてなしウエディング <リストランテ カノビアーノ>

せっかく集まってくれるゲストの為に、とびきり美味しいお料理とお酒でおもてなしして、 これまでの感謝を伝えたい。派手でゴージャスな結婚式はピンとこない。背伸びしすぎず、自分たちらしく…。そんなおふたりが選んだ、いま話題沸騰中のレストラン「リストランテ カノビアーノ」での結婚式に密着取材してきました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カノビアーノ

1.「自分らしい」ってどんな結婚式?ふたりの想いは?

今回取材を快く引き受けてくれたのは、Eijiさん&Maoさん。
5月某日、gensen weddingの相談カウンターにお越しくださったおふたりは、「決断力があり頼もしいご新郎様と、ほんわか柔らかな雰囲気の優しいご新婦様」という印象で、とてもバランスのとれたご夫妻。
カウンセリングでは、おふたりのこと、趣味、休日の過ごし方、ご家族のこと、ゲストのこと、伝えたい想いなど、たくさんのお話を伺うのですが、これが聞けば聞くほど魅力的で興味深く、特におふたり共通の趣味である“旅”のエピソード、なかでもEijiさん・Maoさんをとりこにしたネパール旅行のお話は、その価値観や懐の深さみたいなものが感じられて、おふたりの人生の歩み方がとてもストレートに伝わってくるものでした。

ネパール
さて、そんなおふたりですが、結婚式でこだわりたい事は「お料理とお酒!」との事。
本当に親しい方だけお招きする結婚式だから、派手な余興や演出は望まず、美味しいお料理とお酒でおもてなしして、ゆっくり会話も楽しみたい!とリクエストをいただきました。

当時、新郎のEijiさんは結婚式のご列席経験がなく、会場選びは新婦のMaoさんがメインで担当されていました。
楽しみである一方、「結婚式場の数がありすぎて選びきれない。口コミなど見ていたらフェアに行くのも何だか心配になってきた…」と、不安を覗かせていたのもまた事実です。

そんななか、おふたりへのイチオシ会場としてご紹介したのは「リストランテ カノビアーノ」。
今年5月にオープンした、かの有名な植竹隆政氏がオーナーシェフを務める自然派イタリアンのレストランです。
ホテル雅叙園東京の敷地内に位置しながら、専用エントランスが設けられていて、アプローチからプライベート感が満喫できるうえに、一棟まるごと貸切という贅沢さ♪
さらには、レストランとしては希少なチャペルやブライズルーム、ゲスト更衣室も完備されていて、年配者にも嬉しいバリアフリー設計という、至れり尽くせりな造りなんです。

カノビアーノ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ

立地よし、設備よし、料理よし!という、レストランウエディングとして最強すぎるこちらの会場、ご見学後の感想を伺うと、「不安が感動に変わりました!」と嬉しいお言葉☆

かくして、おふたりのご準備は晴れやかにスタートをきることになったのです♪

カノビアーノ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ


2.ふたりの歴史と想い出をイッキ見!愛情たっぷりの手作りグッズたち♪

打合せがスタートしてからも、「ドレスが決まりました!」「招待状が出来ました☆」と定期的にご報告をくれていたMaoさん。その度に私たちもとっても幸せな気持ちにさせていただきました。
お仕事や旅(笑)でいそがしいEijiさんの分も頑張って作った素敵アイテムの数々をご紹介させていただきます♪

まずは、ゲストが最初に目にする招待状。ご覧ください、このクオリティ!!

招待状
一瞬、本物と見間違えてしまいそうなレベルの高さにビックリです。こんな素敵な招待状を貰ったら、ゲストも当日が楽しみで仕方ないですよね。
そして、旅好きのおふたりらしさがしっかりと伝わって、ここからもうウエディングは始まっているんだなぁ、としみじみ。
一通の封筒が幸せな想いを運んできてくれるって、とっても素敵だと思いませんか?

そして、いよいよウエディング当日。取材班も胸を高鳴らせて会場へ向かいます。
少し緊張しながら到着をすると…。ここにも、おふたりの「らしさ」が!!

カノビアーノ
カノビアーノ
こちらは、「タルチョ」というチベット仏教圏で大切にされている、お経が書かれた五色の旗。この旗には「みんなが幸せに過ごせますように」「病気などをせず元気で暮らせますように」といった願いが込められていて、現地ではいたるところで目にする事が出来るのだそうです。そして、このタルチョが風にはためく事で、遠くまでその祈りが届くと言われているのだとか。
アジア圏を多く旅してきたおふたりらしいウェルカムアイテムですね。「みんなに幸せでいて欲しい」という願いも、きっとゲストひとりひとりに届いた事でしょう☆

そして、入口には旅の必須アイテム、おふたりのバックパックが展示されていました。これからは「人生」という長い旅をふたりで共に歩んでいく事になるのですね。

ウェルカムグッズ
ウェルカムボード
会場内にはこれまでの旅のお写真がたくさん。おふたりの歴史が感じられます。

ウェルカムグッズ
受付を済ませると、ゲストは結婚証明書へサインを。こちらはおふたりのご友人による手作りだそうです♪

結婚証明書
結婚証明書
席次表・席札も、もちろん“旅”をテーマに。おふたりの「らしさ」がたっぷりつまった手作りグッズは見ているだけでワクワクしてきますね♪

席次表
席札

3.大好きな家族たちとともに…素敵すぎるチャペルで誓うアットホーム人前式☆

たくさんの手作りグッズにカメラを向けているうちに、いよいよ挙式時間。
こちらのチャペルはレストランとは思えないほどのスケール感で、一目惚れする方も続出なんです♪
Maoさんもカウンセリング時から挙式には想い入れをお持ちだったので、このチャペルを初めてご覧になった時には、それはそれは感動されていました。

カノビアーノ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ

おふたりが選んだのはゲストに誓うスタイルの「人前式」。宗教にとらわれず、その場に集うゲストに対して誓いをたてる、何ともおふたりらしいチョイスです。
カルテット(ヴァイオリン・ギター・ウッドベース・ピアノ)の生演奏が美しく響き渡るなか、Eijiさんの入場時は、Maoさん甥っ子さんがリングボーイとして先導役に。
ちなみにリングピローはMaoさんのお母様手作りなんだそうです。「幸せになってね」というお母様の愛情と願いが込められたリングピローに 永遠の愛の証となる結婚指輪をのせておふたりの元に運ばれるなんて、素敵すぎますよね。

カノビアーノ
続いて、Maoさんは親子3人でのご入場です。
扉前では念願のヴェールダウン。母子のセレモニーをご覧になるお父様のぐっとこらえた表情がたまりません!

人前式
ヴェールダウン
誓いのことばはおふたりオリジナルで。「お酒は飲んでも呑まれません」「趣味には極力口をはさみません」など、ユーモアもあり、おふたりらしい素敵な誓いでした☆
過度に緊張する事もなく、終始笑顔も見られたアットホームな結婚式。それでも、やっぱり退場時は気持ちが一気に開放されたのか、とびっきりの笑顔。

人前式
IMG_0802
挙式後は全員で屋外へ移動してフラワーシャワー。フラワーガールはMaoさんの姪っ子さん姉妹が仲良く務めてくれました。
ちなみに、なんとこちらでも生演奏が!挙式時のヴァイオリン・ギター・ウッドベースに加え、アコーディオンまで!!曲調も挙式時とは一転、明るく楽し気なものに変わります。
開放的な空間で、おふたりもゲストも最高の笑顔。全員での集合写真はとっても素敵な想い出の一枚に♪

生演奏
全員集合写真

4.ふたりからの「ありがとう」がつまったスペシャルなお料理に感動の嵐!

さて、いよいよ披露宴。
もともと「美味しいお料理でおもてなしがしたい!」というのが一番のこだわりだったおふたり。

リストランテ カノビアーノでは「自然派イタリアン」をテーマに、生クリームやバター、にんにく、唐辛子などを極力使用せず、素材の味をひき出す調理法が採用されています。
一般的にイタリアンで懸念されがちな“重たさ”がないから、女性や年配ゲストでもフルコースを美味しく召し上がれると大好評!
おふたりも、ご試食や親御様とのお食事会などでその美味しさに魅了され、披露宴でゲストにふるまう事を楽しみにされていました。

スペシャリテはこちらのカッペリーニ。「天使の髪の毛」とも呼ばれる極細の冷製パスタに、甘みのあるシマエビと濃厚なカラスミが添えられ、少し酸味のあるトマトソースと相まって絶妙!な一品です。お皿だけではなくフォークまでしっかりと冷えた状態で出てくるという、素晴らしいこだわりに「これは間違いない」と口に運ぶ前から確信を覚えます。
コース料理って、一品目で感動が感じられると、がぜんテンションが上がりますよね。まさに特別な時間の幕開けにふさわしいスペシャリテ、ぜひ皆さんにも召し上がっていただきたいです♪

▼シマエビとカラスミの冷製カッペリーニ
カッペリーニ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ

予想通り、会場内からは「これ美味しすぎる~!」の声があちらこちらから聞えてきて、ゲストの幸せそうな笑顔であふれていました。
思わずお腹が鳴ってしまいそうな取材班、、、。その美味しさを知っているだけに、今日はガマン!とこらえるのが大変でした(汗)

カノビアーノ
お魚やお肉はもちろんの事、こちらはお野菜やデザートもまた格別です。Maoさんが悩みに悩んでチョイスしたドルチェ(デザート)がコチラ。

▼カカオのクレープ マスカルポーネクリーム包み 温かいベリーソースとバニラのジェラート添え
ドルチェ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ

美味しいお料理はそれだけで人を幸福にしてくれるもの。特別な日に、特別な場所で、特別な人と、特別なお料理を楽しむ。これこそウエディングの本質的な考え方かもしれませんね。

5.ユニークな演出とサプライズで笑いもたっぷり♪人柄がみえるって嬉しい!

さて、続いては披露宴の進行に注目してみましょう。ここでもおふたりの「らしさ」が感じられるようなユニークなサプライズが散りばめられていました。

まずは最初のセレモニー。通常であれば、ケーキ入刀!!といくところですが・・・?!

フルーツポンチ
はたしてコレはなんでしょう?

フルーツポンチ
フルーツポンチ
そろそろお分かりですね☆ そう、これはフルーツポンチ!
各テーブルのゲスト代表にそれぞれ1種類ずつフルーツを投入してもらって、みんなでつくりあげるこの演出は、見て楽しい♪ 食べて美味しい♪ 参加型の演出です♪
結びは、伝統的な「水合わせの儀」にちなんで、おふたりでサイダーを注ぎ入れたら完成!
ゲストと一緒につくりあげたこちらのフルーツポンチは、披露宴後半でゲストにしっかりふるまわれていました☆

フルーツポンチ

お色直し後の再入場は、、、、!!!

カノビアーノ
あれ、Maoさんが、、、、!!!!!! 会場内は大爆笑。
ちなみにこちらの男性はサプライズのご指名だったのですが、とってもノリノリで快く引き受けてくださいました☆日頃の信頼関係がなせる業ですね♪

そしてホンモノのMaoさんは華やかなカラードレスにお色直し。すっごくよくお似合いですよね♪ 大好きなお母様と妹さん、親子3人でご入場をされました。

お色直し
カノビアーノ

サプライズはまだまだ続きます☆
ここで登場したのは、ウエディングケーキ! 、、、、、、、ならぬ 超BIGな「Birthdayケーキ」でした。

カノビアーノ
当日は、偶然にもEijiさんのご友人とMaoさんの従妹さんがお誕生日という事で、なんとも豪華なお誕生日祝いとなりました♪

カノビアーノ
カノビアーノ

そして、結びにも素敵なサプライズが♪
仕事が忙しく、結婚式の準備をMaoさんにお任せしていたEijiさん。手作りもたくさん頑張ったMaoさんへのご褒美をちゃーんと考えていました☆

カノビアーノ
プレゼントの中身は、おふたりが大好きな「旅」のチケット。しかも、「たこ焼きが食べたいから関空発」「行ってからの事はノープランだから片道チケット」というところがまたEijiさんらしくて、思わず笑ってしまう方もチラホラ。
全く知らなかったMaoさんはとにかくビックリしっぱなしでしたが、とても嬉しそうな最高の笑顔で、会場中がほっこり幸せムードに包まれていました♪

カノビアーノ
ユニークな演出&サプライズの連続で、終始笑顔に包まれた あったかウエディング。おふたりの人柄が感じられるとゲストもとても嬉しいものです。ぜひ皆さんも参考にしてみてくださいね☆

6.先輩カップルからのメッセージ

そして、先輩カップルのおふたりから、会場をお探し中の皆さまへメッセージをいただきました♪

▼新婦Maoさんより
結婚式をすると決めたものの、会場も情報もありすぎてフェアの参加すら不安で決められない状態でした。「誰か助けて!」と思っていた時に見つけたのがgensen weddingさん。
カウンセリングでは神田さんと楽しくお話していただけなのに帰る頃には会場の候補と結婚式のイメージが決まっていました。何より「想像がつかない」と言っていた夫が「だいぶイメージできた」と言っていたので、本当に相談してよかったです。
そして、会場は素敵すぎました!夫も私もほぼ一目惚れ。心配だった費用面も問題なく、こんなに素敵なところで自分たちの結婚式ができると思いませんでした。
会場が決まってからも相談にのっていただいて、色々と助けていただきました。準備期間が3ヶ月と短かったですが、gensen weddingさんに相談してからとてもスムーズで、楽しく準備が出来ました。
頼りになる相談相手がいると全く違います。ひとりで会場探しを続けていたらこんなに楽しく素敵な式は出来なかったと思います。同じように悩んでいるカップルさんがいたら自信を持ってお薦めします!

▼新郎Eijiさんより
カウンセリングでの説明がとてもわかりやすくて、結婚式をよく知らない自分でも相談後はイメージが掴めてやりたい事も出てきました。
提案してくれる会場はどこもセンスが凄く良く、見学に行った時の見積もりも自分たちの希望が反映されており、明朗でわかりやすかったです。
結婚式を終え、『とにかく料理が美味しかった!』とゲストも凄く喜んでくれました。
素敵な会場を紹介してくださってありがとうございました。

Eijiさん、Maoさん、ありがとうございました☆ これからもぜひ遊びにいらしてくださいね♪

先輩カップル

7.まとめ

いかがでしたか?
今回はお料理重視の先輩カップルさんによる、レストランウエディングをご紹介させていただきました☆
素敵な会場と美味しいお料理、たくさんの手作りアイテム、サプライズ満載の進行…と、おふたりの「みんなに楽しんで欲しい!」という想いがたっぷりつまったウエディング、ぜひ皆さんも参考にしてみてくださいね^^

どんな会場が自分たちに合うのか、どんな結婚式が自分たちらしいのか、誰かに相談したい!という方は、相談カウンターを利用してみるのもお勧めです☆
皆さんにも素敵な出会いがありますように♪

カノビアーノ

  • TOP
  • 未分類
  • 【先輩カップル挙式レポ】手作り満載♪自然体でゲストと楽しむ「自分たちらしい」おもてなしウエディング <リストランテ カノビアーノ>