盛り上がる結婚式の映像を使った余興とは!?

結婚式を盛り上げる余興の時間、出席者はもちろんですが近年では新郎新婦自ら加わって会場に笑いを提供することも目立ちます。中でも映像を使った余興はインパクト十分で出席者の印象に刻まれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

余興を映像で行うメリットとは

結婚式の余興といえば出席者が行う出し物が定番でしたが、近年では映像も増えており新郎新婦自ら制作に関わる傾向も見られます。
ぶっつけ本番の出し物とは違って映像ではミスをすることがありませんし、編集によってより内容を面白くすることも可能です。余興の映像は結婚式のあらたな定番になりつつあります。

新郎新婦

新郎新婦の生い立ちをドラマにする

結婚式ならではの余興といえるのが新郎新婦本人に出演してもらう生い立ちのドラマです。二人の出会いからプロポーズ、結婚に至るまでの流れを新郎新婦がストーリー形式で演じてみると会場も大いに盛り上がることでしょう。
また、新郎新婦の手元にドラマのVTRが残るのも美しい結婚式の思い出になります。

プロポーズ

フェイクドキュメンタリーで愛を伝える

ドラマ仕立ての映像は場内の感動を誘いますが、制作に時間と技術がかかるというデメリットがあります。そこでフェイクドキュメンタリーの手法を取り入れることも有効です。
フェイクドキュメンタリーとは打ち合わせのあるドキュメンタリーという意味で、プロポーズの過程をドキュメンタリー風に再現するとリアルな雰囲気を演出できます。

プロポーズ

お笑いの時間でも映像ならではの特長を

余興といえば漫才や替え歌など、お笑いを披露してくれる出席者がいるものです。そして、映像によるお笑いも近年の結婚式では数多く登場しています。こうした映像ではライブではなく映像ならではの特長でお笑いを表現します。
映像加工やテロップ、編集によるありえない展開などを盛り込み、会場を楽しませてくれるのです。

新婦

出席できなかった人からのビデオレター

招待状を送ったけれども出席ができなかった、そんな人のビデオレターは会場を温かい雰囲気にしてくれます。新郎新婦にとっても忘れられない余興となるはずです。
たとえば、新婦が新郎の旧友にこっそりと連絡をとり、ビデオレターをお願いするなどのサプライズをしかけると新郎の心からの感動を引き出せます。

感動

おわりに

映像を使った余興では演出のアイディアが広がり、思いがけない楽しみを出席者にもたらすことが可能です。
余興は出席者が自由に考えてくれるものと思い込まず、新郎新婦も積極的に企画から加わることでより、式の雰囲気に合った映像を用意できます。
そして、映像制作にも協力する姿勢を持つことが大切です。

関連する記事