結婚式場の見学でよく聞く「即決」って何??

これから結婚式場の見学に行くというおふたりは、多くの結婚式場から候補を選んで、実際に見学して自分たちは「ここで挙式・披露宴がしたい!」と思う式場を選んでいきたいものですよね。実際に、気に入った式場が見つかった場合、結婚式のお日にち・お時間で結婚式場と「契約」をします。中には見学したその日に契約することも。ウエディングの口コミサイトなどでも「即決で式場を決めました!」という声から「即決を迫られた」という声も。これから結婚式場見学をするおふたりには、「即決」とはどういうものを知って、見学に行っていただきたいと思い、今回ご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

契約


結婚式場のサイトなどでよく見かける「即決」とは??

結婚式場を決定するということは、その式場をおふたりの希望の日時で使用するために、その式場と“契約”を交わすことになります。契約の内容は、結婚式場によって違いがあるものの、ほとんどの式場では「決められた内金(申込金)を支払うこと」と「契約書に署名すること」の2つを行うことで契約完了となることが多いです。

この内金(申込金)に関しては結婚式場の規約にもよりますが、後でキャンセルをすることになっても返金してもらえないことがあります。それだけでなはなく、規約に定められた時期になると内金(申込金)とは別で「キャンセル料」がかかってきます。

「即決」とは、初めてその結婚式場の見学に行った日にそのまま式場の決定をし、契約を結ぶこと(申込むこと)を言います。結婚式場側の方からは、「当日ご成約」という言葉を使われることが多いです。

即決

また、その他の契約方法としては、「仮予約」という制度がある式場もあります。「仮予約」とはおふたりの希望の日時を取り置きしておくことです。仮予約をすることによって、その期間中は他のお客様がその日時を契約することはできないので、おふたりで検討する時間ができます。

多くの式場にはこの仮予約という制度がありますが、ゲストハウスなどでは仮予約制度を取り入れていない会場もあるので、式場を見学する前に確認をしておくことも必要です。
「仮予約」と「ご成約(決定)」をきちんと理解せずに契約してしまったというケースもありますので、ここはしっかりと押さえておきましょう!


結婚式場を「即決」しても後悔しない場合って?

ウエディングのサイトの口コミなどでは、「見学したその日に決めました!」という声も「即決を急かされたけど、決められなかった」という声も見かけます。同じように結婚式場を探しているカップルでも、その一組一組によって、結婚式へのこだわりや日取りの希望も違うもの。だからこそ、「即決」するにも、それぞれのカップルにとってメリット・デメリットが大きいのです。

結婚式場の日程は、自分たちの希望の日時を他のお客様が契約を結んでしまえば、どれだけその日程でやりたいと思っていても契約することはできません。「今、決定しなければ他のお客様の予約が入ってしまう」というのは式場側のセールストークだ!と思いがちですが、時期・曜日・日柄などによっては希望が集中してしまい、実際に起こりえることでもあります。

「おふたりや両家できちんと日程の相談ができている」「おふたりの希望する内容の結婚式ができる」「提示された見積りやこれからかかる予算、最終的な金額に納得している」そして、「おふたりの希望で契約をしてもいいと親御様と話し合いができている」など自分たちの不安や確認が全て解消できているカップルにとって、ようやく「即決」がひとつの選択肢になるということです!

契約

ウエディングプランナーとの信頼関係なく、結婚式場を「即決」する必要は全くない

おふたりがどんなに気に入った会場であったとしても、どちらかの不安な点が解消できていなかったり、プランナーとの信頼関係ができあがっていないのであれば、焦って「即決」をする必要はありません。

ウエディングプランナーとはおふたりに寄り添って、おふたりの希望の結婚式を叶えるためのお手伝いをする仕事ですが、“営業職”としての一面も持ち合わせていることも事実です。そのため、お客様であるおふたりに「即決」していただくということは、営業職という面からみれば本当にありがたいもの。なんとか自分の式場で決定してもらいたいという気持ちが強く出すぎてしまい、つい「即決」を迫ってしまい強引な印象を与えてしまう場合があります。

また、「今日決めてくださった場合は、〇〇を特典として値引きします!」という“当日ご成約特典(即決特典)”を提示してくれることもあります。予算で悩んでいるおふたりにとっては魅力的ですよね。ただ、不安に思っていることやクリアになっていないことがある場合は、先にその解決をする方がよいでしょう。

契約

結果として、「即決」をおふたりに無理を強いることになるので、ここでウエディングプランナーに強引な印象を持ってしまった場合は、信頼も難しく感じてしまいますよね。予算に悩みがある相談はできていれば、“当日ご成約特典”を他の日でも使えるようにしてくれたり、予算へのアドバイスをくれたりと提案してくれることでしょう。だからこそ、ウエディングプランナーと信頼関係が構築できているかは大きなポイントになります。


お気に入りの結婚式場を見つける方法とは?

結婚式場見学の流れが分かっていても、「即決はできない」「しっかりと断れるのか不安だな」という方もいらっしゃるでしょう。
そういう時は、第3者である結婚式場相談のカウンターなどで相談することもオススメです。結婚式場カウンターではおふたりの希望を聞きながら、その希望にあわせたオススメの会場を紹介してくれます。そして式場見学の予約など自分たちに代わって行ってくれるのです。

また、カウンターによっては、式場側とのやりとりを総て代行してくれるところもあります。そこで会場見学前に「即決はしたくない」「候補の式場を全部見てから決めたい」という意向を伝えておけば、式場見学の予約をとる際におふたりの意向を会場側にもしっかりと伝えておいてくれます。
相談カウンターによっては、式場見学の予約だけではなく、プランニングを行ってくれるカウンターもあるので、自分たちの希望にあったカウンターを探してみるのもいいかもしれませんね。

カウンター

まとめ

いかがでしたか?一生に一度行う結婚式をどこの結婚式場でするのかを決定するのは、簡単なことではないと思います。様々な部分に悩み、「100%すべてが希望通り!」という場合の方が少ないのです。ここはあっちの会場がいいけれど、あれはこっちの会場のほうがいいし・・・と思うこともあるかと思います。提示された見積もりについても本当にこの金額で挙式、披露宴ができるのだろうか、と不安なことも出てくると思います。

結婚式場を決定してから打合せが開始しないうちはわからないことも多く、式場見学の段階ではクリアにならないことも多かれ少なかれあるかと思います。だからこそ、おふたりで“自分たちらしい結婚式”についてきちんと話し合いをし、おふたりや両家の希望を確認してから式場見学に行きましょう!

おふたりの希望がまとまりきらないときには、結婚式場相談カウンターなどを利用してみるのもオススメです!会場見学前の希望をまとめてもらったり、会場見学後には見積りの相談などに乗ってもらうことができます。「即決」に振り回されず、おふたりの納得のできる結婚式場を探しましょう。

新郎新婦

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 未分類
  • 結婚式場の見学でよく聞く「即決」って何??