結婚式の雰囲気をイメージして。ホテルウエディングにピッタリのドレス選び

ホテルウエディングをご検討中のカップルの皆さま。大きな会場で大好きな人たちに祝福される至福の1日に、どのようなウエディングドレスを選ぶかお悩みではありませんか。ホテルウエディングは、華やかで広がりのある空間だからこそ、ドレスも幅広い選択肢から選べるのがメリット。そんなホテルウエディング向けのドレス選びについて、お客様が求める結婚式の「かたち」や「雰囲気」に合ったドレスを提案するドレスショップ「Authentique(オーセンティック)」で聞いてきました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


1.堅実的?ホテルで結婚式を挙げるかたが選ぶドレスの傾向

会社の上司をはじめ目上のゲストが多い傾向にあるホテルウエディング。だから、自由度はありつつも失礼のない規律を重んじた、クラシカルで王道の式が好まれます。そして式の雰囲気に伴って、選ばれるドレスもスタンダードなものが多い傾向に。
実際に今回お話を伺った「Authentique(オーセンティック)」でも、ホテルウエディングのお客様の場合、式の雰囲気とあう王道でクラシカルなドレスが人気なのだとか。背中が大胆にあいたものや、個性的なものなど試着はたくさんするけれども、最終的にはスタンダードなドレスにたどり着くそうです。
また最近のトレンド「袖付き」のドレスは、クラシカルな印象を与えるのでホテルウエディングの雰囲気にもピッタリです。よりクラシカルにみせるため、長袖のものを選ぶかたもいらっしゃるほど。実際に「Authentique(オーセンティック)」でも、ホテルウエディングを挙げる花嫁の半数以上に選ばれる人気のドレスだと伺いました。ラインナップも充実していましたよ。

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


2.空間と光を味方に。華やかに魅せるホテルウエディングのドレスチョイス

ホテルウエディングに選ばれるドレスの傾向が、「クラシカル」で「スタンダード」なものだとわかりました。では、具体的にどのように選んだら良いのでしょう。豪華なホテルの雰囲気に似合うドレス選びができるかどうか不安になるものです。でも大丈夫。ホテルウエディングならではの特徴をおさえることで、あなたのドレスは華やかに魅せることができるのです。
ホテルウエディングの特徴として、まずは「会場の広さ」があげられます。式場はもちろん、バンケットの大きさや天井の高さなど、空間すべてにゆとりがあります。そして、ゆとりのある空間だからこそ着られるのが、ボリュームのあるドレス。通路やテーブル間が広いので、透け感・張り感のあるオーガンジーや長いトレーンのドレスにも挑戦できます。特にオーガンジーのドレスは、堅くなりがちなホテルウエディングにおいて、女性らしさを演出してくれます。

【参考記事】好きなもの・似合うドレスも大切だけど、空間に映えることもウエディングの衣裳選びのポイント!

次にあげられる特徴が「照明の演出」です。ホテルウエディングの照明は、全体の明るさやスポットライトの演出など、バリエーションも豊富。様々な角度から光があたるので、高級感のあるミカドシルク生地や、つるっとしたサテン地のドレスは、大きな会場でもよく映えます。他にも、ビーディングなどの細かなディティールがほどこされているものも、キラキラと反射光が輝くのでおすすめです。
「空間のゆとり」と「照明」をいかすという視点を持てば、あなたのドレス姿はもっと輝くでしょう。

【参考記事】その他ホテルウエディングの魅力:使わなきゃ損!?あなたがまだ知らないホテルウエディングのメリット

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


3.アイテム追加が鍵!ホテルウエディングのドレスで「自分らしさ」を出す方法

ここまで読んで、ホテルウエディング向きのスタンダードなドレスについて、「個性がだせない…」と感じたかたもいらっしゃるのでは?そこはご安心ください!王道の中にも個性を光らせる方法もあるのです。「あなたらしさ」をドレスで表現するためにおさえるポイントを見ていきましょう。
まず、ドレスの「第一印象」を見てみましょう。生地の風合いや織りに違いがあるだけで、見た目の印象が違ってきます。例えば生地の繊維が、ポリエステルかシルクかという違いでも光の反射の仕方などに違いが見てとれます。ぱっと見では判断が難しいように感じますが、実際に手にとって、目で見ることで明らかな違いを感じられるでしょう。実際に光に当てたり、着てみたりしてドレスの印象を体感してみることはとても大切です。
オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)

さらに、選んだドレスに変化をもたせると、より「自分らしさ」を演出できます。その変化を与えるアイテムが「ボレロ」。近年では雑誌で特集も組まれているほどの人気アイテムなのです。シンプルなミカドやサテン地のドレスをベースに、挙式ではボレロを羽織り、披露宴で脱ぐという変化を加えるだけで、見た目の印象は大きく変わります。着脱はもちろん、色合いや風合いでも印象に変化を与えられる、「便利&コスパ良し」のドレスアイテムだといえるでしょう。
「Authentique(オーセンティック)」でも、最初からドレス1着とボレロの2Wayタイプのものを希望されるかたが増えているそう。ボレロはもちろん、ボレロにあうドレスを数多く揃えているので、あらゆる組み合わせのなかから、あなたに似合う一着に出会えるでしょう。

【参考記事】ドレスと一緒にヘアアレンジでも変化を:新郎も気になる!?結婚式で選ばれる新郎新婦のヘアスタイル

4.まとめ

目上のゲストも参列するホテルウエディング。これまでとこれからの人間関係も大事にしたいからこそある程度の規律は保っていたい、でも自分らしさは出したいという願いは誰もが持つものです。ホテルウエディングは「自由」と「規律」のバランスが肝の結婚式。だからこそ、理想の結婚式のかたちや雰囲気からドレスを考えることがとても重要になってきます。さらに、会場の広さや照明の豊富さをいかさない手はありません。ボリューム感と生地の風合いや装飾を存分に使って、会場にいるゲストの目を釘付けにしてしまいましょう!

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)