実はゲストの記憶に刻まれる、テーブルコーディネートと引出物で失敗しない方法

結婚式、披露宴というと、つい目が行きがちなのがドレスやお料理。ハレの日の「主役」とも言える存在ですから、たしかにとっても大切。でも友人・知人の式に参加して、記憶に残っているのって意外と細かなものではないですか?  今回は、お花やテーブルコーディネート、引き出物などで失敗しないためにはどうしたらいいのか、取材してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル椿山荘東京

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


1.経験のあるプロに相談するのがいちばん!

結婚式・披露宴に出席して、こんな風に思った経験、ありませんか?「あの披露宴、料理はおいしかったけれど、引き出物はいまイチだったよね~」「メインテーブルのお花の装飾、どんなだったっけ? まったく印象に残ってないわ」・・・でも自分の結婚式では、そんなこと絶対言われたくないですよね。自分たちらしさを伝える結婚式にするには、ナフキンのたたみ方ひとつにしても手を抜きたくはありません!

とはいっても、式の前はやらなければいけないことが盛りだくさん。すべてのことにちゃんと気を配るのはなかなか難しいものです。そんなときに頼りになるのは、たくさんの結婚式・披露宴を見てきた経験値の高いプロのスタッフです。「ホテル椿山荘東京」を例にとり、アイテム別に、気をつけたいこと、こだわるべきポイントを見ていくことにしましょう。

プロに相談


2.装花~当日のイメージを事前に確認できれば安心

言わずもがな、ですが、お花は生きもの。デッサンでのイメージと、実際の印象が異なることは少なくありません。そうはいっても、現在、多くの結婚式場では、お花の雰囲気は当日になるまでわからない、ぶっつけ本番が一般的です。当日、実際にテーブルに置いてみたら意外と小さかった! なんてことも、悲しいかな、よくあります。

ホテル椿山荘東京」が提案するオーダーメイドのウエディング「ワンプレシャスウエディング」では、事前に1卓分テーブルセッティングのリハーサルをして確認することができます。実際に使用するバンケットで、テーブルクロス、ナフキン、生きた花を使ったテーブルの装花のバランスが確認できる「トータルプレゼンテーション」を行うので、当日、「イメージと違った」「こんなはずじゃなかった」という事態を避けることができます。これは安心ですよね!

装花

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


3.テーブルコーディネートにもとことんこだわれます

写真に撮られることの多いメインテーブルは、コーディネートや装花に手を抜かないことがマストですが、実はゲストテーブルのコーディネートも重要です。ゲストの方が披露宴の間、ずっと過ごす場所ですし、単純に大きな面積をしめるのでゲストテーブルによって会場の印象がだいぶ違ってくるからです。

でもこれっていいほうに考えれば、ナプキンの色、折り方次第で、まったく違った雰囲気が演出できるということです。「ホテル椿山荘東京」で提案しているナプキンの折り方は約20種類!ゲストのことを考えながらテーブルコーディネートを考えるのは、きっと楽しい時間になるはずです。ぜひ二人らしいテーブルコーディネートを実現してください。

テーブルコーディネート

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


4.個性あふれる引き出物でセンスをアピール

ゲストが好きな商品を選べるカタログギフトは、引き出物の定番の定番ですが、ここでしか手に入らない、会場オリジナルの引き出物も人気があります。レアものには、みなさん弱いですからね!

ホテル椿山荘東京」にはオリジナルのアイテムが盛りだくさん。有田焼、萩焼の器は、昔ながらの定番。椿の絵をモチーフにした、「ホテル椿山荘東京」のオリジナル商品です。また、ホテル椿山荘東京のロゴを施した「今治タオル」や、あの「スガハラガラス」がホテル椿山荘東京の大理石の階段をイメージして創ったオリジナルガラス器も仲間入りを果たしました。

有名お菓子メーカーとコラボしたオリジナル商品も人気があります。特に好評なのが、200年以上の伝統を持つウィーン生まれのスイーツショップ「デメル」と共同開発した「フォンド・レザン」。アーモンドプードルの生地にラム酒を使用したシロップを加えて、バニラ風味のバタークリームとラムレーズンをサンドし、サクサクしたダックワーズの生地をのせた、大人のケーキです。

ホテル椿山荘東京」には引き出物の相談ができるコーディネーターもいるので、予算やイメージを伝えて、相談してみるといいですよ。

引出物


5.まとめ

いかがでしたか?結婚式のテーブルコーディネートや装花、引き出物など、実はゲストの記憶に刻まれるアイテムについて、失敗しないためのヒントをご紹介しました。とはいえ、いろいろなところに気を配らなければならないことをプレッシャーに感じるのではなく、いろいろなところで二人の個性が出せることを楽しんでみては? こだわりはじめるときっと楽しくなるはずです。迷ったときはすぐにプロに相談を。豊富な経験をもとにした、いいアドバイスがもらえるはずですよ。

まとめ



【ホテル椿山荘東京に関する記事】
関連する記事①:多くの新郎新婦に選ばれてきた「ホテル椿山荘東京」、その魅力を徹底取材!
関連する記事②:その大きさは東京ドーム以上! 都内の「森」で、結婚式をしたくなる理由
関連する記事③:挙式の最初のステップ「会場探し」は、何がしたいか、何ができるかがポイント!
関連する記事④:最高の結婚式の実現は、スタッフの力量にかかっている!
関連する記事⑤:世界にひとつしかないオリジナリティあふれるウエディングの作り方
関連する記事⑥:オリジナルメニューを作りあげる、打ち合わせの現場をレポート

関連する記事

  • TOP
  • アイテム・装飾
  • 実はゲストの記憶に刻まれる、テーブルコーディネートと引出物で失敗しない方法