結婚式に欠かせないお酒、シャンパンの意味とは?

結婚式で飲むお酒とはシャンパンという強いイメージがあります。どうして数あるお酒の中でシャンパンだけが結婚式の定番になったのでしょうか。 ここでは結婚式とシャンパンの関係についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式でシャンパンはいつ飲むのか?

結婚式で飲むお酒といえば多くの人がシャンパンを挙げます。それは、結婚式の乾杯でシャンパンを飲むというしきたりが強く印象に残っているからです。
お酒をあまり飲まない人も、シャンパン以外のお酒を好む人も結婚式に限っては乾杯時に黙ってシャンパンを注いでもらい、最初にシャンパンを飲み干すのが通例になっています。

シャンパン

シャンパンが乾杯に適している理由

どうして結婚式の一杯目がシャンパンなのかというと、シャンパンが乾杯に相応しいお酒だからです。
乾杯のとき、シャンパングラス同士がぶつかりあう鐘のような音色は「天使の拍手」と呼ばれていて、幸福や祝福を意味します。欧米ではお祝い事のたびにシャンパンを空けるのが一般的で日本の結婚式でも定番化しつつあります。

乾杯

シャンパンが結婚式で飲まれる意味とは?

その他にもシャンパンが結婚式で飲まれる意味はあります。シャンパン自体が見た目も香も美しく、優雅な飲み物であるためセレモニーによく似合います。
また、シャンパンは内に含まれる気泡を例えて「星を飲む」と形容されることもあります。ロマンティックな言い伝えの多いシャンパンは愛する二人を祝うのに適したお酒なのです。

シャンパン

ドリンクメニューにシャンパンは含まれる?

結婚式の乾杯で用いられるシャンパンですが、式場のドリンクメニュー、あるいは飲み放題メニューにシャンパンは含まれているのでしょうか。
これは結婚式によるもので、乾杯のときだけシャンパンを用いて飲み放題メニューからは外されている式も珍しくないのです。それほどシャンパンは高価なお酒でもあります。

シャンパン

シャンパン以外の乾杯は認められるのか

コストを抑えるためにシャンパン以外のお酒で乾杯を行う結婚式も存在します。その場合、ビールやワイン、シャンパンとよく似ている白のスパークリングワインを用います。
必ずシャンパンで乾杯しなくてはならないという強制はないので、予算や新郎新婦の好みに合わせて臨機応変に対応するといいでしょう。

シャンパン

おわりに

シャンパンはロマンティックで優雅な結婚式のイメージにぴったりです。まるで演出の一つのように結婚式をいろどってくれるはずです。
一方で、シャンパンを頼むことで生じるデメリットもあるので、新郎新婦でじっくりと話し合いながら結婚式のお酒を決めると後悔のない式が挙げられることでしょう。

  • TOP
  • 知識
  • 結婚式に欠かせないお酒、シャンパンの意味とは?

タグ一覧