今の自分をもっとキレイに魅せる!身体のお悩み別ウエディングドレスの選び方

一生に一度しか着ない、特別なウエディングドレス。せっかくならキレイに着こなしたいものです。でも自分の身体のコンプレックスが気になって、どんなドレスが似合うか悩みすぎて決まらない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。エステやトレーニングでカバーできる身体の悩みはなんとかするにしても、カバーするのが難しいコンプレックスだってあります。そこで今回は、身体のお悩み別のウエディングドレス選びについて、ドレスショップ「Authentique(オーセンティック)」で伺ってきました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


1.目線を分散させて。二の腕が気になる方向けのウエディングドレス

落とすのが難しいお肉の代表格「二の腕」。この二の腕を目立たなくするためには、見る人の「目線」を分散させることが重要です。
一見腕を隠せるオフショルダーなどのドレスが良いように見えますが、腕の部分にアクセントがあることで、そこに人の視線が集中してしまいます。そのため、隠したいはずの腕が目立ってしまって逆効果に。逆に思いきってビスチェなど、腕を思いっきり出すドレスのほうが、視線を他の部分に散らせるので、気になる腕の太さに目がいかなくなります。また、今期トレンドの袖つきドレスは、腕全体を隠せるのでおすすめです。

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


2.ウエストの位置がキーポイント!身長別ウエディングドレス選びのコツ

頑張っても変えられない身体のお悩みが、身長です。身長が高く(低く)て、気になるドレスが着られないと悩む花嫁もいます。急に伸ばしたり縮ませたりできない身長を活かしてドレスを着こなすには、ウエストの位置に注目してドレスを選びましょう。
身長の高さが気になる方はローウエスト、身長の低さが気になる方はハイウエストのドレスがおすすめです。ウエストの位置を変化させることで、目線を操作することができるので、身長のお悩みによるドレス選びの難しさが緩和されます。
本来ドレスは、170~175cmぐらいの身長で見栄えよく着こなせるように作られています。だから身長が低い人は、ウエスト位置を上に持っていくことに加え、足りない身長をヒールで調整することで、より美しくドレスを着こなせるでしょう。
また、国内のドレスは身長の高い人にとって丈が短いということも。だから身長の高い方はインポートブランドを取り扱う式場やショップでドレスを選ぶとよいでしょう。国内のドレスよりも丈があるので、身長が高い人こそ着こなせるラインが揃っている傾向にあります。今回お話を伺ったオーセンティックでも、丈の長いインポートドレスを多く取り扱っているので、身長が高いとお悩みの方が試着に訪れるそうです。

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


3.胸元が気になる…。そんな時はランジェリーに頼って

結婚式でドレスを着る時に意外に気になるのが胸元。ドレスの着こなしイメージに影響を与える部分でもあります。
胸の大きさに関するお悩みは、ウエディングランジェリーで調整できます。また、胸の大きさよりも、「どんな風にドレスを着た自分を見せたいのか」が重要なのだとか。見せたい方向や悩みを相談すれば、オーセンティックでは胸元の見せ方を含めたドレスの着こなしにしっかり対応してくれます。

4.肌なじみのよい色合いで。ウエディングドレスの色選びも重要

肌の色味とドレスの色味の関係性はとても強いとご存知ですか?例えば肌の色味が濃い方が純白のドレスを着たら、コントラストが強くなりすぎてドレスが浮いて見えてしまいます。ですので、コントラストが強くなりすぎない、肌なじみのよい色のドレスがしっくりきます。
さらに近年では、お色直しの概念も薄れてきていて、2着目以降もウエディングドレスに近いアイボリーなどのニュアンスカラーが好まれるように。特にレストランウエディングではこの傾向が強いそう。オーセンティックでも、ウエディングドレスを2着目用に染め直すというオーダーをすることもあるのだとか。
実際にトレンドも、真っ白よりはアイボリーが人気。さらに、素材はレースで肌の優しいイメージに近いものが好まれている傾向からも、肌なじみのよさはドレス選びにおいて重要なポイントとも言えそうです。

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


5.まとめ|ウエディングドレスは目線とアイテムをいかして着こなそう

普段のファッションでも、体型をはじめ、さまざまな身体のお悩みと上手に付き合いながら服を選びます。これはウエディングドレスでも同じことが言えます。なにより、生涯に1度の結婚式のために、無理をして自分の身体に大きな変化を与えることはリスクにもなりえます。だから今回ご紹介したように、「人の目線の動き」や「アイテム」を活用して、「今の自分をもっとキレイに魅せる」という視点でドレスを選ぶことが大切です。どうすれば今の自分に自信が持てるようになるか、ドレス選びのプロに相談しながら、悩みをカバーできる一着を見つけましょう。

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事