3人の門出を祝う結婚式を。マタニティウエディングを楽しむドレス選びとは?

愛する我が子をお腹に授かっての結婚式。嬉しい反面、不安が無いとも言えないのが本音ではないでしょうか。そして、さまざまな不安要素のひとつに上げられるのが、妊娠期のウエディングドレス選び。ボディーラインや体調に変化があるデリケートな時期だから、ウエディングドレス選びも慎重に…とは考えますが、好きなドレスを選べないのはイヤですよね。今回は、自分に合うマタニティウエディングドレスを探し、選ぶコツをドレスショップ「Authentique(オーセンティック)」で伺ってきました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


1.ウエスト位置が肝。マタニティウエディングドレス選びのコツ

妊娠中の多くの花嫁がドレス選びで最も気をつけるポイントは「お腹を目立たせないこと」です。「お腹を目立たせない」ドレス選びの肝となるのが、ウエスト位置。この位置がお腹の上あたりにあることで、お腹を目立たせない着こなしが可能なのです。
ハイウエストで、Aラインやふわっと広がるデザインのドレスなら、あまり身体のラインを強調しないのでおすすめです。ハイウエストで身体のラインにピッタリ沿うようなデザインでなければ、幅広い素材からドレスを選べます。
また妊娠中は、お腹周りだけでなく胸も大きくなる時期です。だからデコルテラインがキレイに見えるハートカットドレスなどは、セクシーさが強調されるので妊娠期は控えたほうがいいでしょう。

●レースの上にビーディング
●シルクオーガンのAライン

Authentique(オーセンティック)でも、上のような「柔らかい素材」「ボリュームがある」ドレスは着る人を選ばないため、特に人気なのだとか。今期トレンドのドレスは、妊娠中のボディーラインをカバーしてくれる強い味方とも言えそうです。

【参考記事】妊婦さんでも安心!マタニティウェディングドレスとは


2. 自分の身体を一番大切に。妊娠中のドレス選びで忘れてはならない視点

妊娠中の身体はとてもデリケートです。準備期間はもちろん挙式でも無理は禁物です。だから、長時間着用するドレスが身体のストレスとならないように配慮するという視点も忘れてはなりません。
まず、ドレスの素材は軽いものを選びましょう。実際に試着の際に手にとって、重さを比べることが重要です。また、上質な素材は軽く着心地がいい傾向にあります。同じ素材を使用していても、質の違いで重さに違いが出るため、素材の質にも注目してみましょう。
さらにマタニティ専用ドレスは、カテゴリ分けが他のドレスと明確に分かれなくなってきています。サイズが調整できるドレスかどうかについても確認しておくとよいでしょう。バックスタイルにレースアップが施されていれば、ある程度身体の状態に応じてドレスのサイズを調整することができます。
オーセンティックでは、式直前にサイズ合わせをするので、式当日も苦しくないよう配慮しているのだとか。身体に負担や変化がある妊娠中だからこそ、先を見越したドレス選び及びタイミングが重要なのです。

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


3.妊娠中に和装を着たいなら、「後撮り」で

さてここまでは、妊娠中のウエディングドレスについて見てきましたが、なかには「和服を着たい」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。実際にマタニティウェディングで和服を着る花嫁もいますが、締めつけ、動きにくさなどをかんがみるとおすすめはしないと、オーセンティックでも伺いました。
和装姿を残したい場合は、挙式が終わってから「後撮り」で着られる方が多いそう。確かにこれなら、長時間着用しなくていいので、体力的にも苦しさを感じずにすみます。和服も、自分の体調と相談して着るタイミングを考えれば、マタニティウェディングでも楽しむことができそうですね。

4.まとめ|身体と相談しながら楽しく着こなすマタニティウエディングドレス

なにかと制約を感じてしまう妊娠期のウエディング。でも、下記のドレス選びのポイントをおさえておけば、準備期間から式中、終わってからも結婚式を楽しめます。

●ハイウエスト
●ボディーラインをカバーする
●身体に負担をかけない軽やかな着心地
●身体の状態に合わせたサイズ調整
●着るタイミング

なにより、マタニティウェディングの魅力はお子さんの誕生を、ゲストも一緒に喜びあえるところにあると思います。ドレス選びが、お子さんの誕生と結婚式を楽しむサポートとなるよう、結婚式当日をイメージしながら試着を進めていきましょう。

【参考プロデュースノート】

お2人と人生の中で出会った大切な方々を“ツナグ”ウエディング

結婚式でやりたいことは特にない…。こんなお話から始まったの”主役のいない”新しいスタイルのウエディング

オーセンティック

出典:gensen wedding | Authentique(オーセンティック)


関連する記事