結婚式でゲストへの感謝を伝えることができる、サンクスカードとは??

結婚式に来てもらったゲスト一人一人に新郎新婦が対応して感謝を述べるのは難しいものです。そこで、サンクスカードをあらかじめ用意しておくとスムーズに感謝を伝えられます。ここではサンクスカードについて解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンクスカードとは何か?

サンクスカードとは結婚式に来てくれたゲストに新郎新婦が配るカードのことです。カードには新郎新婦からの感謝のメッセージが込められています。少しでもゲストに気持ちよく帰ってもらえるよう、一人一人に長い時間対応することはできなくてもしっかりと感謝していることが伝わるよう大切な役割を果たします。

サンクスカード

サンクスカードには何を書いたらいいのか

サンクスカードに書くことは当然、結婚式に来てくれたことへの感謝の言葉です。
そして、新郎新婦の氏名と住所を綴り、これからも末永くお付き合いしたいというお願いを込めます。イラストや写真を添えるサンクスカードもあり、さまざまな手法で新郎新婦はゲストへの思いを伝えることが重要です。

サンクスカード

サンクスカードを書くときの注意点

サンクスカードを書くときは句読点を使わずに改行で文章を表現します。これは句読点が新郎新婦の区切りや終焉を表すために、良しとされないからです。また、親しい間柄であってもふざけすぎた文章は好ましくないとされます。しっかりと礼儀を心得たうえで文章を綴ることが感謝の表現になります。

サンクスカード

サンクスカードに工夫をしよう

サンクスカードには新郎新婦の個性が表れます。他の結婚式場では見られないオリジナルの表現があるとゲストの印象に残ります。たとえば、新郎新婦の似顔絵が書かれていたり、ゲスト一人一人に対して違う文面が書かれていたりすると、ゲストからしてもずっと保管しておきたくなるサンクスカードとなります。

サンクスカード

サンクスカードは手書きにする?プリントにする?

サンクスカードはゲストの人数が多ければプリントにしたほうが楽です。また、プリントのほうが、仕上がりが美しい場合もあります。しかし、手書きのほうがゲストへの思いが伝わりやすいという考えもあります。新郎新婦で話し合ってより好ましい方法で作成するといいでしょう。

サンクスカード 準備

おわりに

サンクスカードは新郎新婦からゲストへの感謝がつまっているのと同時に、新郎新婦の未来を描き、「気軽に遊びに来てください」というメッセージも込められています。サンクスカードにどれだけこだわるかでゲストへの思いが表現されるので、オリジナリティにあふれるサンクスカード作りを目指しましょう。

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • ゲスト・家族
  • 結婚式でゲストへの感謝を伝えることができる、サンクスカードとは??