ゲストも自然体で楽しめる「過ごし方のイメージ」から始める結婚式とは?

結婚式といえば、ウエディングドレスが映える挙式や華やかな披露宴を思い浮かべる人が多いと思います。でも、結婚式は挙式と披露宴だけのイベントでしょうか。 確かに結婚式は、「挙式」と「披露宴」における新郎新婦の動きを中心に準備もスケジュールも進んでいきます。でも会場には、ふたりの門出を祝福しにきてくれた家族やゲストもいます。あなたの大切な人たちにも結婚式の1日を楽しんでもらいたいと考えたら、「挙式」や「披露宴」以外にも目を向けるポイントはあります。 では、参加者全員が快適に楽しく結婚式の1日を過ごすにはどのような視点や動きが必要になってくるのでしょうか。 今回は、参加者全員が自由に過ごせる結婚式を提案しているフェリーチェガーデン 日比谷に、「みんなで結婚式の1日を楽しく過ごす」ために必要なことを伺ってきました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェリーチェガーデン日比谷

出典:gensen wedding | フェリーチェガーデン 日比谷


1.時間と空間にゆとりを。結婚式の「合間」に目をむけることの大切さ

冒頭でもふれたとおり、結婚式の準備は「挙式」と「披露宴」を中心に進んでいきます。そして、理想をつめこめばつめこむほど、限られた時間と空間からはゆとりがなくなってしまいます。そしてこの問題は、新郎新婦だけでなく、ゲストにも大きくかかわってくるものなのです。

例えば式が始まるまでの待合場所が狭い場合。顔見知りでないゲスト同士が狭い空間の中で、精神的な窮屈さを感じたことがあるという声を聞くこともあります。他にも挙式から披露宴会場への移動距離が長く、かつ次のスケジュールまでの時間がかつかつな場合は、一息つく暇もなく、式が終わった後にどっと疲れが襲ってきた…なんてことも。

つまり、空間にも時間にもゆとりがないと、結婚式がゲストにとって居心地の悪い1日になってしまうかもしれないのです。そして結婚式の時間と空間に、この「ゆとり」を生み出すためには、「挙式」と「披露宴」以外の『合間』に目を向けることが大切だとフェリーチェガーデン 日比谷の担当者の方は言います。

フェリーチェガーデン日比谷

出典:gensen wedding | フェリーチェガーデン 日比谷


2.結婚式の「合間に目を向ける」=「過ごし方をイメージする」

「合間に目を向ける」とは、式が始まるまでの時間や、移動時間など、挙式と披露宴以外のひとときにおける「過ごし方をイメージする」ということです。

例えば披露宴会場に入るまでの間に、ロビーしか待合場所がない会場と自由に使える空間がある会場を比較したときに、どちらの会場のほうが、よりゲストがのびのびと過ごせるかイメージしてみましょう。知らない人同士が待ち時間を共有するのなら、限られた空間よりも開放的な空間のほうが、精神的に楽に過ごせると思いませんか。

慣れない人との付き合いがある結婚式は、何かと窮屈な思いをすることもあるので、ちょっと一人になれる時間と場所があるだけで、ほっと一息つけるものです。

実際にフェリーチェガーデン 日比谷でも、ゲストの結婚式の過ごし方をイメージした結果、会場の使い方を考え直したカップルがいたそうです。最初は緑あふれるガーデンウエディングに惹かれて申し込んだふたり。でも、ご両親や親族の方が長時間、屋外でのウエディングを楽しんでいる姿が想像できないということで、屋外と屋内の会場を活用する結婚式に切り替えたのだとか。

フェリーチェガーデン

出典:gensen wedding | フェリーチェガーデン 日比谷

また、フェリーチェガーデン 日比谷は、広大な日比谷公園の一角にある、緑あふれる一軒家の会場なので、公園を散歩したり、明確な境目のない会場内を見て回ったりできるのも特徴です。だから「私のお父さんは散歩してそう」といった、家族やゲストの結婚式の過ごし方を想像して、当日への期待感を高めるカップルが多いと伺いました。そして実際に、世間話が苦手なお父さんが「ちょっと外の空気を吸ってくる」と、気持ちを整えに散歩にいくシーンを何度も見てきたそうです。

特に新郎新婦の家族は、「私たちもおもてなししなければ」と気負う部分もあります。なにより、ふたりの結婚を喜ぶ気持ちとさみしい気持ちとが入り混じっているので、自由に使える時間や空間を用意することで、気持ちの整理をつけられるのです。

あなたの大切な人が、あなたにとって特別な1日をどのように過ごすのか―。
つい見落としがちな「合間」にも目を向け、家族やゲストが自分のタイミングで一息つける時間と空間を用意するだけでも、緊張が和らぎ、結婚式を心の底から楽しんでもらえるのではないでしょうか。

フェリーチェガーデン日比谷

出典:gensen wedding | フェリーチェガーデン 日比谷


3.まとめ|「人を想う」結婚式は楽しい!

「挙式」や「披露宴」を中心に進んでいく結婚式だと、ついつい家族やゲストの過ごし方まで気が回らなくなってしまうもの。でも、すこし立ち止まって、「この会場であの人は本当に快適に過ごせるだろうか」「移動時間をもう少し長くしたほうが、ゆったり披露宴に参加してもらえるのではないか」など、家族やゲストにも大きく関わってくる空間や時間の使い方も考えてみてはいかがでしょうか。

「過ごし方」を考えることは、自分たちの結婚式をより具体的にイメージすることにもつながります。なにより、あなたにとって大切な人が結婚式を楽しんでいる姿を想像するのは楽しいのです。結婚式の「過ごし方」に目をむけて、参加者全員で楽しい1日を過ごしませんか?

フェリーチェガーデン

出典:gensen wedding | フェリーチェガーデン 日比谷


元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • ゲストも自然体で楽しめる「過ごし方のイメージ」から始める結婚式とは?