プロデューサーは新郎新婦。柔軟性のある会場と人の力を見極めて理想の結婚式を

日本の結婚式会場は、「持ち込みNG(持ち込み料)」「設備使用料」「会場利用時間」などの制約が、まだまだ多い傾向にあります。そのため、よりこだわりの強いカップルが理想の結婚式をつくりあげていこうとすると、予算を大幅に超過したり、そもそも実現できなかったり可能性もあるのです。

どうすれば、結婚式を思い通りにつくりあげることができるのでしょうか。 今回は、理想の結婚式づくりをサポートしてくれる「会場」と「人」選びの重要性について、慣例にとらわれない自由な結婚式づくりを得意とするフルスロットルズに伺ってきました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代々木ビレッジ

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku


1.遠慮は不要!理想の結婚式の実現に必要なのは「提案力」

何かと制約のある結婚式会場が多いのは事実ですが、慎重に見極めれば、自分たちの想いをしっかり反映してくれる会場もあります。

「想いを反映する」とは、「提案を受け入れてくれる」ということ。だから相談カウンターや式場からの提案を待つのではなく、自分たちから提案することが大切です。「ちょっと難しいかな」と遠慮せず、まずは自分たちの理想を伝えて、どれくらい対応してもらえるか、チェックしましょう。特に、ドレスやアイテムの持ち込みに関しては、持ち込みOKといいつつも、実はアイテムによっては持ち込みがダメだったり、持ち込み料が設定されていたりすることもあるので、契約前の段階でしっかり確認をしておきましょう。

今回、取材をしたフルスロットルズが結婚式のプロデュースをお手伝いしている「代々木ビレッジ by kurkku」では、「結婚式の流れを変える」という新郎新婦の願いを実現させたのだとか。

まずは披露宴で自分たちのことを知ってもらってから、その空気感のまま挙式をとりおこなうことで、とてもあたたかな雰囲気で式が進んだそう。挙式後は、友人と親族を交えた、もっとラフなパーティーを、開放感のあるテラスで実施。ふたりのこれまでのことをゲストも共有する場を結婚式の最初に持ってきたからこそ、主役のふたりはもちろん、親族、ゲストも楽しめるパーティーになったのでしょう。

料理もふたりの提案を積極的に取り入れてくれるそう。試食会で食べた料理をベースに、細かなアレンジにも応えてくれます。さらに1階ではビュッフェ、2階でコースという、ゲスト一人一人に合わせたおもてなしにも対応した事例も。

慣例から考えると実現が難しそうなことでも、実現可能な会場はあります。まずは声に出して提案することが、理想の結婚式への第一歩と言えそうですね。

ビュッフェ

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku


2.良きスタッフとの出会いが、ふたりの結婚式の良し悪しを左右する

想いのつまった結婚式を、いい1日にしたいと誰もが願うと思います。そんな1日をつくるためには、提案を受け入れてくれる、プランナーをはじめとする結婚式スタッフの存在も非常に大切です。ふたりのことを、その会場で式を挙げる1カップルとしてではなく、「〇〇さんの結婚式」と捉え、1組1組に丁寧に向き合ってくれる人との出会いが、結婚式の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。

では、どのような視点でスタッフを見ればよいのでしょうか。

まずはふたりの考えていることに耳をかたむけ、寄り添ってくれる方かどうかを見ましょう。ふたりの要望に対して、具体例を交えながら「できます」と応えてくれたり、ちょっと難しいことにも代替案を用意してくれたりする人は、ふたりの結婚式をより良いものにしようと寄り添う姿勢がみられると判断してもいいかと思います。また、できないことはできないときちんと契約前に正直に話してくれる誠実さがあるかどうかも大切です。

また、事例の紹介を受けることもあるでしょう。そのときに「こんな事例もあります」だけでなく「結婚式にこめられた新郎新婦とプランナーの想い」まで触れられれば、きちんと1組1組の結婚式に向き合ってくれると思います。「どんな想いでプランニングをしたのか」を自分たちから聞いてもいいでしょう。

フルスロットルズもプロデュースに関わる「代々木ビレッジ by kurkku」のスタッフさんは、1組1組に徹底的に向き合ってくれます。前述のように過去の慣例にとらわれない式づくりのお手伝いもしてきました。

パーティー

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku

そんな「代々木ビレッジ by kurkku」には、普段使いもできるレストランやバーがあり、結婚式を挙げたカップルがよく訪れるそう。結婚式で食べたお気に入りメニューをシェフが覚えていて、記念日の料理としてふるまってくれることも。結婚式の1日を、主役のふたりだけでなく、関わってくれたスタッフさんも大切に思ってくれていたからこそできるサービスではないでしょうか。

会場の自由度を活かすのは、人の力。会場だけでなく、ともに結婚式をつくっていくスタッフもしっかり見極めましょう。

レストラン

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku


3.まとめ|主導権を握って!会場と人の柔軟性と対応力を見極め、想いを反映した結婚式を

結婚式は、人生で1度きり。だから結婚式を挙げる前に、常識や必要なことを知らないのは当然です。でも知らないまま相談にいくと、「こういうものなんだ」と受け入れてしまって、契約してから蓋を開けてみると、理想とのギャップに悩まされることもあります。

このギャップを少なくするためにも、自分たちの結婚式に必ず取り入れたいものや想いを明確にした上で、ブライダルフェアや相談カウンターに行きましょう。そして、理想の結婚式を積極的にプレゼンして、実現に向けて一緒に歩みを進めてくれる会場と人を見極めましょう。

「結婚式のプロデューサーは主役の私たち」という気持ちが大切です。

まとめ

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • プロデューサーは新郎新婦。柔軟性のある会場と人の力を見極めて理想の結婚式を