【最初に知っておきたい】自分らしい結婚式のスタイルバリエ

「結婚式といえば結婚式場で、親族・上司・友人たちを招いて挙式&披露宴でしょ」という時代は過去のもの。いまどきの結婚式は、選択肢が本当に豊富です。
それはもちろんうれしいことなのだけど、ふたりの価値観や好みにあわせて、理想のカタチを選べます! …と言われても、いったいどんな選択肢があって、どれを選べばいいのか、迷ってしまいますよね。
そんな結婚式ビギナーに向けて、一般的に行われている結婚式スタイルのポイントをざっくり解説します!(文:gensen wedding編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲストと歓談する新郎新婦

出典:gensen wedding | グランドオリエンタルみなとみらい

 

1.まずは晴れの日の基本形、「挙式&披露宴」を知ろう

昭和の時代から、最も一般的な結婚式のカタチで、今でもやっぱり一番選ばれているのが「挙式&披露宴」スタイル。この後で説明するいろいろな結婚式も、このスタイルを基本にアレンジされていったものです。そこでまずは、「挙式&披露宴」の基本形を押さえていきましょう。

挙式&披露宴では、神社やホテル、結婚式場などを会場に、結婚を成立させる儀式としての「挙式」と、親族・友人・職場の方々を招いてふたりの結婚を報告するパーティ「披露宴」をセットで行います。多くの場合、挙式と結婚披露宴は同じ日にひとつの場所(たとえば、同じホテル内のチャペルとバンケットホール)で行われます。披露宴の後は、レストランなどに場所を変えて、親しい友人を中心に「二次会」が開かれることもあります。

挙式&披露宴には、立場や年齢の異なる幅広いゲストが戸惑うことなく参加できる安心感があり、人生の節目となる一日をしっかりと刻みたい方にぴったりです。

先輩カップルの声

「両親や家族にきちんと感謝の気持ちを伝えたくて、この形に」

「挙式と披露宴をまとめて任せられ、打ち合わせも一度にできるので効率的」

また、ひとくちに挙式・披露宴と言っても、会場によって趣向や雰囲気は大きく違ってきます。会場には大きく分けてホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランがありますよ。

【最初に知っておきたい】結婚式場の種類と自分らしい選びかた

家族に感謝を伝える新郎新婦

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth

 

2.結婚披露宴と二次会のいいとこどり?! 増える「1.5次会」とは

きっちりとした披露宴よりは、もう少しリラックスした形でお披露目パーティがしたい。多くの友人に参加してほしいけど、ご祝儀を用意してもらうのは気が引ける…。そんなときに選ばれているのが、披露宴と二次会の中間にあたる「1.5次会」。一般的には、ゲストは友人たちを中心に、着席フルコースならご祝儀制、立食ブッフェなら会費制とする方が多いですね。

披露宴ほどかしこまらず、二次会ほどくだけたものではない…という中間地点ですが、その「中間ぐあい」は、実はさまざま。披露宴の代わりに会費制でパーティを開く場合に「1.5次会」と呼ぶことが多いですが、立派な会場で行われ演出も「かなり披露宴に近い」という会もあれば、気軽なレストランでカジュアルに開かれる会も。ご祝儀の要不要や、ドレスコードにゲストが戸惑うことがあるので、招待する際にどんな感じの会になるか伝えておくと親切です。

また、会費制のほうが挙式・披露宴形式よりお金がかからないと思っている方も多いのですが、そこは一概には言えないので注意して。ご祝儀がないぶん「入ってくるお金」は減るので、会場や料理、演出によってはふたりの自己負担はかえって増えてしまう場合もあります。

先輩カップルの声

「たくさんの友人たちに気軽に参加してほしかったので、会費制のパーティにしました」

「結婚パーティに慣れていない会場でやったら、準備も当日も大変だった…」

カジュアルなウエディング

出典:gensen wedding | グランドオリエンタルみなとみらい

 

3.アットホームな「家族のみ」「親族のみ」結婚式も人気

従来の挙式・披露宴は、職場の上司や同僚、友人たちも招待するのが一般的でした。けれど近年では、家族・親せきのみや、家族のみの少人数で、アットホームな結婚式をされる方が増えています。大人のカップルが増えたのもあるかもしれませんね。また、結婚式に費用をかけたくない方、再婚の方などもこちらを選ばれることが多いです。

参加者は互いによく知った間柄なので、なごやかな雰囲気で過ごせるのが特長です。新郎新婦やご両親も、ゲストのおもてなしに奔走せずに済み、リラックスして楽しめます。

親族のみ・家族のみの結婚式の中にも、挙式のみ、食事会のみ、挙式+食事会、といろいろなパターンが考えられます。食事は通常の披露宴なみに豪華におもてなしをすることもあるようです。パーティの規模が小さくなるぶん、演出も費用も控えめになりますが、実は1名あたりの単価は少人数になればなるほど高くなる傾向があります。結果、新郎新婦の負担分が増えるので注意しましょう。

先輩カップルの声

「大切な人たちと、ゆったりと祝いたかったので」

「挙式は実家近くの神社で、家族のみ。その後、友人が多くいる東京でパーティをしました」

「誰を呼んで誰を呼ばない、とか考えなくてすむのがいい」

家族だけの少人数ウエディング

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ

 

4.他では味わえない非日常感! リゾート・海外ウエディング

国内のリゾート地や海外へ出かけて、挙式をあげるスタイルです。非日常感たっぷりで、物語の中のヒロインになった気分を存分に味わえるのは、リゾート・海外ウエディングだからこそですね! その地ならではの魅力的な写真も、たくさん撮れます。

遠方での結婚式となり日数・渡航費等がかかるため、参加するのは新郎新婦と家族・親しい友人くらい。家族のみ、新郎新婦のみの場合もあります。参加者が限られるぶん、リゾート・海外ウエディングとは別に、国内で披露宴やパーティを開くカップルが多いです。

エリアとしては、国内では沖縄、北海道、軽井沢など、海外ではハワイなどの南国リゾートや、イタリア、フランスなどヨーロッパが人気です。ふたりが旅行で訪れた場所など、思い出の地で式をあげる方も。海外ウエディングは、一般的に専門の手配業者に依頼します。ほとんどの場合、現地スタッフも日本語が堪能だったり、日本人のウエディングに慣れていたりするので、外国語ができなくても大丈夫ですよ。

先輩カップルの声

「ふたりだけで、パリでフォトウエディング。後日、披露宴は日本でやりました」

「両親を海外旅行に連れて行ってあげる良い機会になりました」

リゾートウェディング

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ

 

5. まとめ

いかがでしょう。いまどきの結婚式スタイル、ざっくりとつかめたでしょうか。自分の気持ちにしっくりくるスタイルはありましたか? どのスタイルが良いというものではないので、まずは自分たちはどんな結婚式にしたいか、ふたりでじっくりと話し合ってみましょう。

ふたりで話し合っても答えが出ない、前へ進まない..という状況に陥りそうなら、結婚式場紹介サービスの相談カウンターへ足を運んでみるのがおすすめです。結婚式のプロの視点からアドバイスがもらえますし、何より第三者を交えて話すことで、モヤモヤしていた結婚式のイメージが徐々にくっきりと見えてきますよ。

 

提案型の相談カウンター gensen wedding

 1.本当に満足できる結婚式場だけを厳選してご紹介(76項目の独自審査あり)

 2.経験豊富な元プランナーが専属アドバイザーとして会場決定までフルサポート

 3.「最低価格保証」でどこよりもお得&後から上がらない納得のお見積り

 

gensenwedding

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事