結婚式を成功させるための第一歩とは?クラシカ表参道でのウエディングを振り返って。【卒花インタビュー vol.01】

結婚式を挙げようと決めたら、まず“式場相談カウンターに行く”というのがイマドキの式場探しのスタイル。
でも相談カウンターの数は年々増えていて、どこへ行けばいいの?と迷っている方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、gensen weddingで“運命の結婚式場”に出会い、「クラシカ表参道」で結婚式を挙げた小濱隼さん・楓さん夫妻にインタビュー。
手探り状態から式場探しを始めたというお二人が、結婚式を成功させた経緯とは?
(取材:gensen wedding 編集部/文:三島莉永)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラシカ表参道

出典:gensen wedding |クラシカ表参道

 

「結婚式場を何十件も見学なんて出来ない!(笑)式場のことを知っているプロに相談したくて、元プランナーの方に相談できるカウンターを利用しようと思いました」(楓さん)

――はじめに、結婚式を挙げようと思われた理由を教えてください。

(楓さん)1~2年ぐらい前に結婚式を挙げた姉の姿を見て、両親や祖父母がとても喜んでいたので結婚式を挙げたいと考えるようになりました。あと、やっぱり憧れがあったし、ウエディングドレスも着たかったし(笑)。彼はそんなに興味がなかったんですけど「結婚式はちゃんとやりたい」と伝えて、「じゃあやろうか」という流れになりました。

(隼さん)彼女が挙げたいと言うので、結婚式を挙げることを考え始めました。絶対に挙げたくないというこだわりがあったわけではなく、いつかやるんだろうなぁとは思っていました。

――結婚式を挙げることが決まって、最初はどのようにして結婚式場を探そうとしましたか?

(楓さん)式場探しについては、彼が私に任せてくれるスタンスだったので、自分でネットを使って検索するところから始めました。SNSや式場を紹介しているページを色々検索しましたね。検索している内にgensen weddingさんが紹介されているページに辿り着いて、相談カウンターを利用してみようと思いました。

――相談カウンターを利用しようと思ったキッカケを教えてください。

(楓さん)まず、結婚式を挙げた周りの友人たちから「式場探しってすごく大変だよ」っていう話や、「何十件も結婚式場の見学に行ったよ」って体験談を聞かされていたんです。でも、彼はたぶん何十件も式場見学に付き合ってくれないだろうと思って(笑)。だから、ある程度会場を決めてから式場見学に行かなきゃと思っていました。ネットで検索する以外にも、仕事の帰りにササッと式場の見学に行ったのですが、ネットで見ている物と本物だと空間の広さが違うと思い「やっぱり実際に見てみないとわからないんだ」と思いましたね。

――確かに、インターネットの情報だけだと分かりにくいところもありますよね。

(楓さん)そうなんです。でも、自分のプライベートの用事もあるし、あまり式場見学で彼を連れ回したくないし。式場見学に何十件も行かなくても、結婚式場のことを知っているプロに相談してアドバイスをもらえたらいいなぁと思い、相談カウンターを利用しました。

――数多くある相談カウンターの中で、gensen weddingを利用しようと思った理由を教えていただけますか?

(楓さん)大手企業が運営している相談カウンターって、かしこまった感じでちょっと行きづらいなと思っていたんです。たぶん最初は一人で行くと思っていましたし。でも、gensen weddingの店内写真を見たらすごくアットホームな雰囲気だったので「私でも行きやすいかも!」と思いました。あと、元ウエディングプランナーさんが相談にのってくれるという風に記載してあったので、「それだったらプロならではの式場の情報や意見が聞けるかも」と思い利用させていただきました。

――楓さんお一人でご来店されたとのことですが、実際にスタッフからカウンセリングを受けた感想はいかがでしたか?

(楓さん)その日は私以外に2~3組カップルがいらっしゃって、その中でも一人で来店したのは自分だけだったのでとても緊張していたんですが、スタッフさんが気さくに声をかけていただけて嬉しかったです。実際に式場について相談する際も、こちらのイメージをくみ取って「じゃあこういう会場がお好きそうですね」と提案していただきました。私たちの条件から「ご紹介出来るところと、出来ないところがあります」と仰っていたんですけれど、紹介出来る範囲外の式場のこともすごく丁寧に教えてくださいましたね。会社のメリットにこだわらず、「お客様のために!」という感じでお話しをしてくださいました。あとは、私たちにはなかなか分からない、式場スタッフさんの良さなども教えてくださったのがすごく良かったなぁと思っています。

先輩カップル

 

「クラシカ表参道に見学へ行った際に食べた料理が美味しくて、この料理ならゲストの方々も喜んでくれるんじゃないかなって思いました」(隼さん)

――結婚式場選びをするにあたってこだわったポイントを教えてください。

(隼さん)僕は、家族のために結婚式を挙げたいという風に思っていました。僕の実家が沖縄なんですけれども、なかなか親族が集まって交流する機会も、寂しいですけど生涯あまりないと思いますので。お互いの親族たちが親交を深めるいいキッカケにしたいなと望んでいました。

(楓さん)私はまず、ゲストが狭く感じない披露宴会場にこだわりました。事前に二人で「親族や友人を合わせて大体80人くらいは呼びたいよね」って話になっていたので、その点を相談させていただきました。あとは、ゲストの方々と和気あいあいとできる結婚式にしたいという想いもあったので、そういうところも含めて相談させていただきましたね。

――実際に「クラシカ表参道」へお二人でご見学に行かれた感想はいかがでしたか?

(隼さん)見学へ行った際に食事をいただく機会がありまして、そのときに食べた料理がすごく美味しかったのが印象に残っています。こういう料理であればゲストの方々も喜んでくれるんじゃないかなって思いました。あとはチャペルが印象的でしたね。一般的なチャペルにはないような、竹林を使ったようなモチーフとか、光の入り方とかがすごく素敵でした。

(楓さん)私もその2点が印象に残っています。結婚式に来ていただいたゲストを楽しませるには、料理が美味しいっていうのが一番良いかなぁという想いもありましたので。また、チャペルは事前にgensen weddingのスタッフさんから「素敵なチャペルですよ」という風に教えていただいていたのですが、実際に見たら本当にとても素敵でした。見学した際は音楽が流れていなかったのですが、「当日はハープの生演奏があります」と式場のスタッフさんに教えていただいて、すごく素敵だなぁと思いました。

――見学に行かれた1会場目でご成約されたとのことですが、1会場目で決めた理由を教えていただけますか?

(楓さん)あまり会場選びで迷いたくなかったっていうのも大きいんですけど、二人とも会場見学を楽しく終えることができたのでクラシカ表参道に決めました。それに、gensen weddingのスタッフさんから「式場スタッフの方もすごく素敵なんです!」ってお話を伺っていたのですが、実際当日にお会いした方もすごく素敵な方で。それもあって、不安がなかったというか。そんな感じで決めちゃいました(笑)。

クラシカ表参道の料理

出典:gensen wedding |クラシカ表参道

 

新郎新婦の意思に合わせて演出を変更。母親への手紙を読む演出は、ゲストへ向けた手紙を読む演出に変えて、明るい雰囲気に!

――ご成約された後、結婚式の打ち合わせがスタートしたと思うのですが、実際に打ち合わせを進めた感想を教えてください。

(楓さん)打ち合わせは全部で4回ありました。結婚式について「あれやりたい」「これはやりたくない」っていう私たちのわがままとかを、すごく良く聞いてくださり助かりました。

(隼さん)「こうしたい」とか「あれはしたくない」という意向がかなり明確にあったので、それを良いようにプランニングしていただいたのかなと思います。

――では、割と明確に「こんな結婚式にしたい」というイメージはあったということでしょうか?

(楓さん)そうですね。例えば、ケーキカットとファーストバイトを私がどうしてもやりたくなかったんです。なので、ウエディングプランナーさんに「やりたくないです」とお伝えしたんですよ。そうしたら私たちの意思を尊重してくださって、そういった演出を控えてくれました。演出をカットしても寂しく見えないように、MCとかも色々と考えてくださって、結婚式を盛り上げてくださいました。

(隼さん)他にも、あんまり場をしんみりさせたくないっていう意見もあって。結婚式で母親へ宛てた手紙を読む演出はしんみりしがちなので、ゲストの皆さんへ向けた手紙を読むという明るい雰囲気の演出に変えてもらいました。その代わりに「お母さんへの手紙は式が始まる前に白いハンカチと一緒に渡しましょう」と代替案を出してくれたりして、私たちの意見を尊重した結婚式をプランニングしてくれたと思います。

――ゲストに向けた手紙を読むって素敵な演出ですね!

(隼さん)母親宛ての手紙を読む演出が普通かもしれないけれど、あれはあれで素敵でしたよ。

(楓さん)ゲストの皆が結構喜んでくれたので、やってよかったなぁと思っています。

先輩カップル

出典:gensen wedding |クラシカ表参道

 

「私たちもゲストも、皆で笑顔になれた結婚式でした。式が成功した一つの要因はgensen weddingさんに相談したことだと思っています」(楓さん)

――結婚式当日を改めて振り返ってみたご感想を教えていただけますか?

(楓さん)結婚式前日に準備が終わらなさすぎて当日ボロボロの状態で、当日の朝は「ボロボロで憂鬱…」みたいな気分だったんです(笑)。でも、ブライズルームに行ったらメイクさんがすごくあたたかく迎えてくださり、お支度の時間から楽しい気分にしていただけました。結婚式当日の朝、すごく嬉しかったのを覚えています。

(隼さん)僕は「新郎さんはあまり早く来なくても結構です」と言われていたのですが、あまり眠れなくて彼女より早く会場に到着したくらいでした(笑)。結婚式が始まるまで、ブライズルームでお化粧してもらう様子とかを見させていただいて。なかなかそういう機会もないのでまじまじと見ていたら2時間3時間と時間が過ぎて挙式の時間になっていました。本当に朝からあっという間な時間を過ごしましたね。

――挙式や披露宴での思い出や、印象深かったことを教えてください。

(楓さん)当日4組のカップルが結婚式を挙げていたようで式場のスタッフの方々もすごく忙しかったと思うんですけれども、バッティングが絶対ないようにとか、私たちのために考えて動いてくださっているなぁっていうのがすごく伝わってきました。そのお陰で、あまり流れに不安を感じずに動けましたね。あとは、挙式の際に誓いの言葉を私が噛んでしまって、1番前に座っていた私の親族に笑われました(笑)。その笑っている姿が見えていたので、厳かな挙式っていうよりかは、ずっと笑っている感じの式になりましたね。でも、それが私的にはすごく良かったなぁと思っています。披露宴も盛り上がって、全体的にずっと楽しかったです。

(隼さん)印象的だったのは、ドレス姿の彼女を見たときですね。僕はドレス選びも一緒に立ち会ってなくて当日初めてドレス姿を見たんですけど、とても似合っていたので。ちょっと恥ずかしいんですが(笑)、それが1番印象に残っていますね。挙式や披露宴では皆さんからも祝福していただいて、あたたかい雰囲気というか、家族を感じられる時間でした。なかなか今後ああいう方達と一緒に一堂に会して会える時間はないと思いますし。

――結婚式のご感想を一言で表すとしたら、なんと表現しますか?

(楓さん)私たちの結婚式は、「皆で笑顔になれた結婚式」だったかなと思っています。式場でカメラを回していた私の兄が「友達もみんな楽しんでくれていたね」と話してくれていたし、友達からも実際に「すごく楽しかった」という風に言ってもらえし、私たち自身もすごく楽しめましたね。後日結婚式の日に撮影した写真を見たら、どの写真も笑顔でした。

(隼さん)僕は「またやりたいな」と思う結婚式でした。僕の友達だけでなく、彼女の友達とかも皆で一緒にパーティーできて、すごくあたたかい雰囲気でしたね。両親もすごく喜んでくれたし。結婚式という形では無いかもしれないですけれど、もし機会があるならまた皆が集まれる場を設けられたらいいなと思えるような結婚式でした。

――gensen weddingを利用された後の感想を教えてください。

(楓さん)gensen weddingは私にとって、頼りになるお姉さんお兄さん方っていう感じでした(笑)。結婚式は大きなお金が動くし、出せるお金にも限りがある中で「どうしたらいいんだろう」「失敗したくない」っていう悩みを皆さん抱えていると思います。そんな悩みを一番最初に聞いて解決してくださった方がgensen weddingさんでした。

(隼さん)僕が、あまり彼女の相談にのってあげられなかったので、きっと彼女にとって頼りになる・相談できる場所だったのかなぁと思います。彼女の色々な不安を聞いていただけたんだろうなぁということで感謝しています。

――最後に、これから結婚式場を探すカップルに向けてメッセージをお願いします。

(楓さん)今は情報がたくさん発信されている中で、自分以外の人が発信している情報を見て、自分と比べちゃうことがあると思います。人と比べていると「もっとこうしなきゃ」とか「もっとこうしたい」という想いがいっぱい出てきちゃうと思うんですけれど、それよりも“自分たちは何が出来るのか”っていうのを考えて、それを実現していくのが自分たちにとって一番楽しい結婚式ができるのかなぁと思っています。そして、私にとって結婚式を成功出来た一つの要因はgensen weddingさんに相談したことだったと思います。

(隼さん)皆さん「こういう風にしたい」っていう意向を実は持っていると思います。でも、gensen weddingさんはそういった意向を決して否定されるわけではないです。例えばこぢんまりとしたものでもいいし、盛大に祝うのでもいいですけど、自分たちのわがままをそのまま伝えれば、自分たちに合った式が挙げられるんじゃないかなぁと思いました。

クラシカ表参道の先輩カップル

出典:gensen wedding |クラシカ表参道

 

まとめ

結婚式場探しをするにあたって「まずは結婚式のプロに相談したい!」という思いでgensen weddingを利用された新郎・隼さんと新婦・楓さんのインタビューをお届けしました。
結婚式場を探し始めた際のエピソードや、母親へ宛てた手紙を読む演出を変更してもらったという体験談は、これから式場探しを始めるお二人にとても参考になったのではないでしょうか。

「式場探しをしているけれど思った以上にタイヘン!」というお二人も、ここで一度、結婚式場相談カウンターを利用してみては?
元ウエディングプランナーが運営するgensen weddingでは、お二人にぴったりな結婚式場を厳選して紹介することはもちろん、結婚式にまつわるいろんな悩みもプロに相談できます。ぜひ、お気軽にお越しくださいね。

何から始めたら良いかわからない、自分たちにあう結婚式を知りたい、という方は、結婚式相談カウンターを利用してみてください。
gensen weddingでは、たくさんの結婚式をお手伝いしてきた元ウェディングプランナーが、結婚式場探しを無料でサポートしています。

gensen weddingが選ばれる理由
1.元プランナーが本当に満足できる結婚式場だけを厳選してご紹介(76項目の独自審査あり)
2.経験豊富な元プランナーが専属アドバイザーとして会場決定までフルサポート
3.「元プランナーが最低価格を保証」どこよりもお得&後から上がらない納得のお見積り

gensen wedding コンセプトはこちら

ダンドリのご案内はもちろん、結婚式の内容やテーマを一緒に考えたり、お得に挙げるためのお見積りアドバイスを行いながら、ふたりにぴったりな結婚式場をご提案しているので、初心者カップルさんも安心して式場探しを進められます。

相談会も随時開催しているので、雑誌やインターネット上の広告ではわからない、【結婚式のホント】が知りたい方はぜひ気軽にお越しください。

***自分にぴったりな結婚式場が知りたい方はコチラ***
▶▷gensen weddingブライダル相談会

***「LINEで相談」も気軽にご利用ください***
gensen wedding の元プランナーにはLINEで相談することもできます。お仕事やプライベートの都合などでご来店が難しい方や、海外や遠方にお住まいの方、とりあえず気になることを相談したいという方も、LINEで気軽にご相談ください。
▶▷LINEで相談する

 

先輩カップル

*お話を伺った先輩カップルの紹介*
新郎:小濱 隼さん 新婦:小濱 楓さん
二人で結婚式場を見学する前に「ある程度の候補を絞り込んでおこう!」と決心した楓さん。
結婚式場相談カウンターについてネットで情報収集をし、gensen weddingに一人で来店。
その後二人で相談しながら着々と準備を進め、2018年12月にクラシカ表参道にて結婚式を挙げました。

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 結婚式を成功させるための第一歩とは?クラシカ表参道でのウエディングを振り返って。【卒花インタビュー vol.01】