あとで慌てないために! 知っておきたい結婚式の見積りのこと

「ブライダルフェアで提示された初期の見積りと、打合せ後の最終見積りが倍近く金額が違う!」と結婚式当日が近付くにつれて慌てる先輩カップルの声も多く聞きます。その理由のほとんどが、結婚式場で提示された初期の見積りに入っていなかったアイテムが増えたということです。初めから知っているのといないのでは、予算の考え方も変わるもの。あとで慌てないためにも、ブライダルフェアに行く前には、必要なアイテムを知っておきたいですよね。今回は予算を考える上で大切な見積りで特に知っておきたいポイントをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新郎新婦

1.お料理・ドリンクのグレードについて

ゲストが楽しみにしているお料理だからこそ、こだわりたいというカップルも多いですよね。そこで初期の見積りに入っているお料理やドリンクがどのようなものか、プランナーさんに確認してみましょう。

また、その他にも追加料金でどのように変化するのか、どのグレードが人気なのかも確認すると安心ですね。特に、ドリンクはお得なプランだと種類が少ないこともあるので、きちんと確認してみてください。もちろん、最終決定は打合せが始まってからですが、料理やドリンクはグレードが1つ上がるだけでも1人プラス1,000円などし、追加料金×人数分になると一気に見積りが変わるので要チェックです!

アルカンシエル南青山

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


2.衣装について

主役になる結婚式だからこそ、自分の好みの衣装を選びたいですよね。ですが、選ぶものによって大幅に見積りが変わるのがこの衣装です。最大料金がいくらなのか、お色直しの衣装のレンタル割引があるのかなど式場によって様々なので、フェアの際にプランナーさんに確認してみてください。

またドレスやタキシード以外にも、ドレスインナーやアクセサリー、ドレスを持ち込んだ際の持込料など別に料金がかかるものもあるので確認しておくと安心です。
ウエディングドレス

3.会場装花・ブーケについて

テーマに合わせたお花で会場をいっぱいにしたい!ブーケはこんな感じがいい!と決めているご新婦様も多いですよね。ですが、見積りの中でも意外に追加料金がかかるのがお花です。

どのようなものが初期の見積りに入っているのかや、自由にお花が選べるのか、カタログ内から選ぶものなのかもプランナーさんに確認してみましょう。最近では、会場装花入れ放題プランがある式場も出てきているのでチェックしてみてください。
アニヴェルセル表参道

出典:gensen wedding | アニヴェルセル表参道


4.写真・映像について

一生に一度だからこそ、きちんと記録に残しておきたい!というカップルも多いと思います。結婚式当日の写真や映像はカメラマンの人数や、アルバム・映像の種類によっても料金が異なります。

また、オープニングムービーやエンドロールなどの演出映像の作成を依頼できる会場がほとんどです。特にエンドロールは、事前に作成したものを放映するか、当日の映像を使用し編集したものを放映するかによって料金が変わってきます。

初期の見積りでは写真や映像は省かれていることも多いので、プランナーさんにどのようなものがあるか確認してみてください。自分たちで映像作成して放映する際にも、プロジェクター使用料がかかることもあるので確認しておくと安心です。
デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


5.ペーパーアイテムについて

よくフェア時に「手作りできますよ」と言われるのが、このペーパーアイテムです。もちろん手作りをすれば節約できるアイテムですが、招待状・席札・席次表・メニュー表など種類もあることから式場以外の業者にお願いをするカップルも多いです。

最近では、おしゃれなものや個性的なものもたくさん出てきているので選ぶのも楽しみですよね。席札のかわりに飲み物やお箸など、ペーパーアイテムより追加料金がかかるものも多いので初期の見積り段階でも削らずに入れておくと安心です。
THINGS

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth


まとめ

いかがでしたか?結婚式は決して安くはないからこそ、慎重に選びたいですよね。会場によってできることや料金プランが違うからこそ、ブライダルフェアの際には会場の雰囲気と合わせて見積りも確認しておくと安心ですし、まだ追加するかわからないなんてアイテムも入れて見積りを作っておくと、あとから慌てることも少なくなるのでしょう。

実際に、会場ごとの見積りを見比べてみると、同じアイテムでも項目名が違ったり、プランに含まれているいないが違ったりします。乾杯酒がフリードリンクに入っているのかどうかや、ドレスの小物がプランに入っているかどうかなど、なかなか一目でわかりません。また、どんなアイテムが自分たちの結婚式で必要になるかそもそもわからないという方がほとんどです。

不安な場合は、結婚式のプランニングを無料でやってくれたり、見積りの相談にまでのって、その会場で使用できるMAXの割引を提案してくれる相談カウンターもあるので、利用するのもオススメです。余裕を持って自分たちのしたいことを、自分たちらしさを出した結婚式にしてくださいね♪

イルブッテロ

出典:gensen wedding | イルブッテロ/アンティコブッテロ

関連する記事

  • TOP
  • 未分類
  • あとで慌てないために! 知っておきたい結婚式の見積りのこと