人気のオリジナルウエディング。私たちにもできる?と心配ならスタッフ力のある会場を選んで

型にはまらない結婚式。他の誰ともかぶらない“オリジナルウエディング”が人気です。でも、 「興味はあるけど…自分たちにできるのかなあ」 と、つい敬遠しがちになっている方も多いのではないでしょうか。

遠慮することはありません。結婚情報誌やウエディングサイトでは“オリジナルウエディング”と一括りにしていますが、本来は、二人の結婚式そのものがオリジナルなのです。

むしろ気にするべきは、そのオリジナリティをきちんと引き出して、かたちにしてくれるスタッフと出会えるかどうか。オリジナルウエディングをつくる上で、スタッフ力の向上を意識しているというTHINGS Aoyama Organic Garden. dthに、お話を伺いました。 (取材:gensen wedding編集部/文:ameri)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth


1.二人オリジナルのコンセプトを、プランナーが目に見えるかたちで提案

今回、取材をした「THINGS Aoyama Organic Garden.dth」(以下THINGS)は、オリジナルウエディングに定評がありますが、やりたいことが明確にある新郎新婦さんから、まだふんわりとしたイメージしかない新郎新婦さんまで、幅広く支持を集めている会場です。

その理由の一つが、THINGSオリジナルのBRIDAL PLAN BOOK。
1回目の打ち合わせで手渡されるBRIDAL PLAN BOOKに、二人が自由に結婚式のイメージを描くことからスタートします。新郎新婦の希望をプランナーがヒアリングをすることはどこの会場も行っていますが、THINGSでは、このブックとヒアリングを元にパワーポイントを使って結婚式の提案書を作っています。

提案書という目に見えるかたちで提案してもらうのと、口頭で「こんなこともできますよ」と説明してもらうのとでは、イメージのしやすさが断然ちがいますよね。しかもその提案書は二人の結婚式だけのために作った完全オリジナル。ここからすでに、オリジナルウエディングが始まっているのです。

ひと組ごとにオリジナルの提案書を作るのは結構大変な作業だと思うのですが、THINGSでは、より二人らしい結婚式の提案をするためにまず、「聞く」ことを大切にしているのだそうです。

二人が自由にイメージを描いたBRIDAL PLAN BOOKを一緒に見ながら、そこにどんな想いが込められているのか?どんな背景があって、このイメージが生まれたのか?など、一つひとつ丁寧に、紐解いてゆきます。

そうしてできる提案書だからこそ、まず表紙には新郎新婦の結婚式のテーマが記されます。これは嬉しいですよね!漠然としたイメージや想いといった抽象的なものから、結婚式のテーマという具体的なものが生み出されるのです。このテーマを使って招待状を作る、という新郎新婦さんも多いそうですよ。

もちろん、提案されたテーマや企画は打ち合わせを経てブラッシュアップされていきます。テーマと合う部分や、さらにプラスしたい部分、修正が必要な箇所など、二人が納得いくまで話し合って決めていく、それがTHINGSの結婚式の打ち合わせスタイルです。

bridal plan book

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth


2.期待を超える感動を!職人気質のシェフと作るオリジナルメニュー

THINGSは料理もオリジナリティに溢れています。メニュー作りはシェフとプランナーが協力して、新郎新婦とゲストに喜ばれた料理を中心に定期的に見直しています。シェフのプロとしてのこだわりが含まれつつ、お客様と一番近い距離にいるプランナーの意見も入っているので、クオリティも満足度も高いというわけなのです。

そんなキッチンを取り仕切るTHINGSのシェフは、とっても職人気質な方。例えば「披露宴でチャイを出したい」とのリクエストがあったとき、チャイにあまり馴染みのなかったシェフはまず、チャイ専門店で勉強することから始めたそう。プロ意識の高さがうかがえますよね。

このように、新郎新婦さんのしたいことに対して100%応えるのはもちろんですが、1月の結婚式ならフレンチのフルコースのオードブルに「おせち料理」を加えるなど、プラスαの提案が期待を超える感動を届けてくれます。

料理の打ち合わせは、まず担当プランナーが新郎新婦さんの希望をヒアリングし、内容はもちろん予算の相談をした上でシェフとの打ち合わせに入ります。だから、料理にそれほど詳しくない二人でも完成度の高いメニューが実現しますよ。

シェフ

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth


3.ドレスにもプランナーの意見を反映して、人気ブランドにオーダー

ここまでTHINGSのスタッフ力、中でもプランナーとシェフについてご紹介しましたが、花嫁さんにとって気になる話題といえばやっぱり“ドレス”ではないでしょうか。

THINGSの提携先は「銀座クチュールナオコ」。花嫁の憧れをたくさん集めたウエディングドレスのセレクトショップです。

「銀座クチュールナオコ」は、王道のAラインやプリンセスラインから、ナチュラルに着こなせるエンパイヤラインまで豊富なラインナップが魅力ですが、その中になんと、THINGSのために作られたオリジナルドレスがあるのです!

これらはTHINGSのプランナーがオーダーした、THINGSの世界観にフィットする完全オリジナルデザイン。花嫁さんに一番近いプランナーならではの目線で、どんなドレスが求められているかという“現場の声”から生まれたオリジナルドレス。だからこそ、THINGSを訪れる花嫁さんの多くに喜ばれているのです。

ドレス

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth


4.まとめ

いかがでしたか?二人オリジナルの結婚式のコンセプトを提案するプランナーや、期待を超えるオリジナルメニューを生み出すシェフのエピソードから、「THINGS Aoyama Organic Garden.dth」のスタッフ力の高さが伝わってきたのではないかと思います。

オリジナルウエディングだからと言って、「みんなと違う」ことにこだわりすぎなくても良いのです。「オリジナルウエディングはわからない…」などと、はじめから敬遠してしまうのはもったいないこと。どんなスタイルのウエディングでも、会場のスタッフと共に作り上げていくことには変わりません。だからオリジナルウエディングに必要なのは、スタッフ力の高いスタッフさんたちと出会うこと、それだけなのです。

ちなみにTHINGSでは、スタッフのことをより知ってもらうために「スタッフ紹介ブック」を用意するなど、会場スタッフと新郎新婦さんとの相互理解を深める工夫をされています。
「結婚式は信頼できるスタッフと一緒に、自分たちらしいオリジナルウエディングをつくってみたい!」そんな二人におすすめの会場です。

まとめ

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式の流れ・内容
  • 人気のオリジナルウエディング。私たちにもできる?と心配ならスタッフ力のある会場を選んで