知っておきたい結婚式の「名披露目(なびろめ)」のこと

ナビロメって何?どんなものを選べばいいの?相場はいくらくらいがいいの?結婚式はわからないことが多くて大変。今回はそんな方に向けて、東海地方特有の引出物である「名披露目(なびろめ)」について解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名披露目(なびろめ)とは?

東海地方特有の引出物のことで、引出物・引菓子とともに三品目として贈られています。引出物・引菓子には地方ごとに独特の風習があることが多く、特に名古屋の結婚式は引出物への意識が他県に比べると強いことも影響しています。

袋

名披露目(なびろめ)の由来は?

名披露目とは、二人の名前を覚えてもらうために披露する、ということが由来であることから、新郎新婦の名前を書いた熨斗(のし)を付けた引出物を渡すことが多いです。もともとは、結婚後に花嫁の名前を入れた風呂敷に品物を包み、花嫁を近所に紹介していたのが、次第に簡略化され、今の形式になったと言われています。

のし

名披露目(なびろめ)の相場は?

ゲスト1名あたり1,000円~2,000円程度の予算で選ぶカップルが多く、引出物・引菓子・名披露目の3点合計で5,000~7,000円程度になることが一般的です。基本的に割り切れない奇数の点数であるほうがよいとされており、縁起物を2点つけて計5点とする方も、中には7点の方もいます。縁起物としては鰹節や赤飯などが一般的です。

鰹節

どんなアイテムが選ばれている?

一般的にはカトラリーやアロマグッズ、バスグッズなどが人気です。昔の引出物はかさが大きくて重いものがよいとされていましたが、最近の引出物は、記念になるものや軽くてかさばらないものといったものの方が、もらって嬉しいと感じるゲストが多いようです。結婚式の後に重たい引出物袋を持って帰るのも大変なので、そう考えているゲストも多いです。また、最近ではカタログギフトを送るカップルも増えていて、ふたりのセンスが感じられるようなものを選ぶとよいでしょう。

バスセット

選ぶときにどんなことを意識して選べばいい?

例えばカトラリーを選ぶ場合は、ファミリー向けなら小鉢・取り皿などかさばらず質の良いメーカーものを選ぶとよいでしょう。逆にカップとソーサーなど、すでに持っているものはゲストに不評なことが多いです。逆に独身の女性ゲストに対しては、マグカップやスープカップなどが喜ばれます。もしこれから結婚予定のある方であれば、ペアもの贈っても喜ばれるでしょう。

ティーカップ

おわりに

いかがでしたか?来てくれるゲストひとりひとりのことを思いながら、お祝いの品を選んでいくのは楽しいですよね。ぜひふたりに合った名披露目を選んで、幸せな結婚式をつくってくださいね。

  • TOP
  • アイテム
  • 知っておきたい結婚式の「名披露目(なびろめ)」のこと

タグ一覧