プロデュースノート wedding plan

5SENSES オトナを楽しむWedding

五感で“オトナ”を楽しむ、レストランウエディング。
味はもちろん、ライブ感ある料理演出でゲストを魅了します

ポイント ポイント

  1. 『ライブ感』ある料理は、レストランウエディングならでは
  2. 五感を刺激する、優雅な泡と香りのシャンパーニュ
  3. 東京の真ん中で、世界的アーティストのおもてなしを

コンセプトストーリー コンセプトストーリー

『ライブ感』ある料理は、レストランウエディングならでは



パーティ会場に一歩足を踏み入れると、食欲をそそられる美味しそうな香りが漂ってきます。
ここは、都内のとある本格イタリアンレストラン。
天井が高いスタイリッシュな空間に、活気あるオープンキッチンから漂う音や香りが響きあって、ゲストの期待感も急速に上がっていく――。

このプロデュースノートは、『レストランウエディング』の醍醐味を存分に味わえる内容になりました。
それもそのはず、依頼主は美味しいもの・新しいものに目がない新郎新婦だから。
ありきたりの婚礼料理とは一線を画す、『ライブ感』あるレストランならではの、ワンランク上のおもてなしが実現しています。



五感を刺激する、優雅な泡と香りのシャンパーニュ

ウエディングのテーマは『五感で“オトナ”を楽しむ』。
その世界観をつくりだす数あるこだわりの1つが、乾杯酒に選んだ「ローラン・ペリエ・ロゼ」です。
ウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウエディングで、世界中のVIPが味わった英国王室御用達のシャンパーニュ。
優雅に立ちのぼる泡やフレッシュ・フルーティーな香りは、まさに五感を刺激する逸品です。



また、このプロデュースノートの後半に登場しますが、
色とりどりのスイーツを楽しむデザートタイムには、驚きの演出を用意しました。
何歳になっても遊びに夢中になれる“オトナ”だからこそ、
こんなウエディングを一緒に楽しみたい!そう実感させてくれるはずです。





東京の真ん中で、世界的アーティストのおもてなしを

すごくオシャレでいて、でも、おもてなしはきっちりと。
所々に遊び心が見え隠れしていて、人生を楽しむ喜びにあふれているレストラン。

ここは「XEX日本橋」。かの有名なサルヴァトーレ・クオモ氏が本格イタリアンをプロデュースし、
“世界一のバリスタ”の称号をもつポール・バセット氏ほか、洗練されたサービススタッフたちがウエディングをサポートしてくれます。
目の肥えたゲストを満足させるのは、きっとこんなウエディング!と、このプロデュースノートが教えてくれることでしょう。

”自分らしい結婚式”の
相談をする(完全無料)

「何も決まっていない」という方も、「理想の会場を見つけたい」という方も、まずはご相談から。 プロデュースノートで、ふたりの“こだわり“が叶う会場探しを♪

プランニングから見学手配まで結婚式場探しのトータルサポートはgensen weddingだけ!