子どももお年寄りも完食♪自然派イタリアンのフルコースに「シアワセ〜♡」の声続出

フルコースのメニューを選ぶとき、気になるのはゲストの満足度。舌の肥えた方が多いなら味に定評ある会場はマストですし、年配のゲストや食事制限中のゲストがいる場合は内容や食べやすさを視野に入れて考えたいところ。また、子どもが食べやすいような特別メニューを用意してくださる会場も多いです。そんな中、にわかに注目を集めているのが「自然派イタリアン」。若い世代のゲストはもちろん、子どもからお年寄りまでペロリと完食してしまうという、魔法のようなフルコースを取材してきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カノビアーノ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ


野菜が苦手な子どもも笑顔になる「自然派イタリアン」

「自然派イタリアン」と聞いてピンときた方も多いはず。今回の取材先は目黒の「リストランテ カノビアーノ」。2017年5月、代官山から目黒のホテル雅叙園東京内に移転オープンした一軒家レストランです。代官山のお店は「予約が取れない人気レストラン」として知られていましたし、オーナーシェフの植竹隆政氏がプロデュースするレストランは今や全国各地に広がっています。

一般的なイタリアンにはニンニクや唐辛子がたっぷり使われていて、バターの香りや生クリームの風味が食の感動を何倍にも膨らませてくれます。それゆえにイタリアンは、ひと皿でじゅうぶん満足感が得られる明快なお料理ですが、これがフルコースになるとどうでしょうか?前菜とパスタぐらいまでは美味しくいただいていても、濃い味付けのお料理が続いたせいか、メインの魚料理、肉料理あたりで「もうちょっとムリ…」とギブアップしそうになった経験はありませんか?

リストランテ カノビアーノ」の「自然派イタリアン」は、ニンニクや唐辛子、バター、生クリームなどの動物性油脂を極力使わず、素材そのものの味わいを引き出す調理法にこだわっています。とくに野菜は、独特の味と香りをもつ京野菜や加賀野菜、大地のミネラル分がしっかり感じられる能登野菜などが使われているため、グリルして塩とオリーブオイルで味を整えるだけでじゅうぶん美味しいのだそうです。

レストランをご利用のお客さまからは、「野菜が苦手な4歳の子どもが『美味しい!』って食べてくれた」とか、「80歳代の親にフルコースは大丈夫かなと心配していたが、完食してくれて感激した」などの声が寄せられていて、植竹シェフの実力をあらためて実感しました。ブライダルフェアの試食会に参加した新婦さんは、「実は彼、野菜がダメな人なんですけど今日は全部食べちゃって。私もビックリしました」と驚いていらっしゃいました。「自然派イタリアン」は、「コースを通して召し上がった時の満足度」を大切にされている植竹シェフの熱意が切り拓いた料理ジャンルなのです。

カノビアーノ
カノビアーノ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ


メインディッシュはテラスでBBQ!?

そんな「自然派イタリアン」だからこそフルコースを楽しむ披露宴にぴったりだと言えそうですが、逆に、ガッツリ食べたい若い世代の男性ゲストには物足りないかも…という心配がよぎったりもしませんか?でもそこはご安心を。「リストランテ カノビアーノ」の婚礼料理はプリフィクススタイル。冷前菜、温前菜、パスタ、魚料理、肉料理、そしてドルチェまで、すべて数種類から自由に選んで組み立てることができます。

さらに、レストランには自然を感じるテラスが併設されていて、そこでBBQをしてもOKなのだそう!ということは、前菜とパスタを店内でゆっくり楽しんでいただいた後、メインのお肉はシェフみずからテラスでグリル。そこへ新郎新婦がソースをかけて、キッチンで調理された野菜が添えられて…といった素敵な料理演出もアリなのです。美味しいだけではなく、パーティに動きがプラスできるので喜ばれそうですね!
BBQ


定番のデザートビュッフェが主役級に盛り上がる!

ところで、植竹シェフのレストランへ行ったことがある方ならご存知だと思いますが、「リストランテ カノビアーノ」はドルチェが美味しいことでも有名です。甘いものは苦手だけど「カノビアーノのデザートならOK」と言う方もいるほど!フルコースのドルチェもプリフィクススタイルなので選べますが、「どれか1つなんて選べないよ〜」という場合はデザートビュッフェがおすすめです。ビュッフェのメニューが季節に合わせて考えられていて、定番といわれるデザートビュッフェも主役級に盛り上がること間違いなしですよ♪
カノビアーノ
カノビアーノ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ


おみやげに持って帰りたい!メゾンカイザーのパン

美味しい野菜を求めて京都や北陸など各地へ出向く植竹シェフ。だからこそ、フルコースに欠かせないパンにも並々ならぬこだわりがありました。「リストランテ カノビアーノ」で提供されるパンはすべて、あのメゾンカイザーから仕入れているのだそうです!天然酵母と国産バター、国内製粉の小麦粉を使って焼き上げるメゾンカイザーのバゲットと、植竹シェフの自然派イタリアン、なんと幸福なマリアージュ♪ウエディング当日はあちこちのテーブルから「このパン、おみやげに持って帰りたい!」という声が聞こえてきそうですね。
カノビアーノ パン

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ


まとめ

いかがでしたか?子どもからお年寄りまで幅広い世代のゲストに喜ばれる「リストランテ カノビアーノ」の「自然派イタリアン」、ゲストの満足度を重視したい新郎新婦さんなら要チェックですよ!しかもこちらのレストランは、植竹シェフの「ホーム」。イタリア出張や全国の農家さんを訪ねる以外は、基本的にここにいらっしゃいます。ウエディングメニューの打合せに参加したり、披露宴でお料理の説明をしてくださることもあるとのこと。これぞレストランウエディングの醍醐味ですね☆

カノビアーノ

出典:gensen wedding | リストランテ カノビアーノ

【リストランテ カノビアーノに関する記事】
関連する記事①:決め手に欠けがちなハード面もパーフェクト☆レストランウエディングの概念を覆すレストランが目黒に誕生!
関連する記事②:【リストランテ カノビアーノ】見学&試食後の反響が半端ない!話題の一軒家レストランを徹底レポート
関連する記事③:新郎新婦への想いが会社を動かした!?話題の一軒家レストラン、知られざる誕生秘話

関連する記事