原宿の緑に包まれた隠れ家的なレストラン【keisuke matsushima】に、 おふたりの未来までサポートしてくれるウエディングメニューを提供する熱いシェフがいた!?

人と同じようなウエディングはイヤ。自分たちらしくしたいけど、どうしたら良いのかわからない。そんなカップルも目からウロコで、結婚式を挙げたくなるような、熱い想いでおふたりのウエディングを後押ししてくれるオーナーシェフのいるレストランがあります。「結婚式というのは、ふたりの未来につながる経験を共有できるものなんだよ」と語るシェフに取材してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keisuke matsushima

出典:gensen wedding | keisuke matsushima


食材の旬にこだわるのは美味しさだけじゃない。「その食材に再会した時、ふたりを思い出してもらえたらいいと思って」

その店があるのは原宿。賑わう大通りから一筋入った緑豊かな“東郷の杜”に包まれるようにたたずむ『keisuke matsushima』です。

南仏・ニースに構える本店は、10年連続でミシュランの星を守り続ける名店。そのオーナーシェフ・松嶋啓介氏が、新郎新婦の熱きサポーターなのです。
keisuke matsushima

出典:gensen wedding | keisuke matsushima

keisuke matsushima』には通年のウエディングメニューというものがないのだそう。食材の旬=季語を何より大切にしているのがその理由。春には春の、夏には夏の、それぞれ旬を迎える食材を、料理人のクリエイティブ能力をフル活用して特別なメニューに仕上げています。その時期に最も新鮮で美味しく食べられるものを使うのと同時に、食材を通して、今日この日に結婚式があったことをゲストの記憶に刻みたいという想いもあるのだといいます。

「1年経った後、同じ食材が市場に出てきた時に“あ、そういえばあの結婚式で食べたよな。あのふたり元気かな?”ってゲストに思い出してもらえればいいかな、と思って結婚式のメニューを用意しています」(松嶋シェフ)

これがおふたりの未来につながる経験のひとつ。1年後、2年後のおふたりとゲストの関係性にまで思いを馳せたメニューがパーティーを彩ってくれるのです。

keisuke matsushima

出典:gensen wedding | keisuke matsushima


結婚生活の中でもうまくマリアージュしてほしい、そんな願いも込められた食材のマリアージュがコースのすべてを飾る

メニュー作りの中で、季節感とともに大切にしているのがマリアージュだそう。食材のマリアージュ、食感のマリアージュ、香りや味のマリアージュ…、さまざまなマリアージュがひと皿ひと皿に盛り込まれているといいます。

「結婚というのは2人の男女が1つになること。料理も同じで、食材と食材を組み合わせていきます。その組み合わせがいい時が“食材のマリアージュ”なのです。ウエディングメニューのコースには、最初から最後までたくさんのマリアージュ=結婚が存在するのです」(松嶋シェフ)。
keisuke matsushima

出典:gensen wedding | keisuke matsushima

こうしたマリアージュを楽しんでもらうことに加えて、これからの結婚生活の中でもうまくマリアージュしてもらいたいという想いも込められているようです。

「たとえば、料理の味が合わないとか、お互いの好む固さ、柔らかさが違うとか、いろいろな場面でマリアージュが必要になるでしょう。料理の場合は、合わないと思われる食材も、切り方を変えたり、食感を変えたり、つなぎを入れるといった工夫でマリアージュを生み出していきます。結婚も同じで、友人や趣味がつなぎになったりするし、ふたりの温度差でうまく治まることもあるのでは?」(松嶋シェフ)。

keisuke matsushima

出典:gensen wedding | keisuke matsushima

こうしたメニューに込められた想いやテーマをパーティーの冒頭、料理説明の際に伝えてくれるのだそう。ゲストにもいっそう思い出深い“もてなしの味”になりそうですね。


早く家に帰ってきたくなる!? ウエディングメニューで円満な夫婦生活のサポートまでしてくれるなんて、ほかにはめったにない

さらにおふたりとの打合せを通して、“記憶のコース”に仕上げることもあるといいます。たとえば、お二人の想い出の味を盛り込んだり、ご両家の家庭での定番料理を再現して提供するのだそう。

「幼少期の好物やお母さんの得意料理などは、レシピまで用意してお渡しします。昔は姑から直接教わったりしたものですが、今はそういう家庭の味を引き継がなくなってきた。でも、懐かしくてホッとする料理ってあるでしょう? そんな料理が家で待っていたなら、早く帰りたいと思うじゃないですか」(松嶋シェフ)。

keisuke matsushima

出典:gensen wedding | keisuke matsushima

相手の胃袋を掴むことが夫婦円満の秘訣、とは昔から言われてきたこと。そんなサポートまでしてくれるウエディングメニューやシェフなんて、まさに希少です。
おふたりのためのオリジナルメニューを提供する会場は多々ありますが、“おふたりの未来”まで考えたメニューが用意され、こんな熱い思いまで伝えてくれたなら、他の誰とも違うウエディングに仕上げられそうですね。


まとめ

いかがでしたか?「結婚式は料理にこだわりたい」「特別なことはしたくないけど、ゲストのおもてなしに料理だけは大事」というカップルは多いと思います。ですが、どの会場の料理がいいのか、どんな風に違うのかは、なかなかわからないもの。会場を決めてしまうと、その会場で提供できる料理の範囲で決めていくことになります。自分らしい結婚式には料理が大切と考えるなら、会場を決める前に、料理を考えておかなければなりません。

今回のシリーズでは、『keisuke matsushima』の魅力を、松嶋シェフのインタビューも交えてご紹介していきます。「結婚式の料理にこだわるとはどういうことなのか」を考えるヒントにしていただけたらと思います。



関連する記事①:【松嶋啓介シェフに聞く】 結婚式では料理にこだわった方がいい。 なぜなら、それは結婚生活の中でとても大切なことなのだから・・・。
関連する記事②:【松嶋啓介シェフに聞く】 その時の最高の旬の食材の味や香り楽しんでもらいたいし、 その味や香りをおふたりの門出の記憶として残して欲しいと思っているんです。
関連する記事③:食材の旬にこだわり、組み合わせにこだわり、想い出の味を結婚式で忠実に再現!それらがコラボレートして究極ともいえるオリジナルコースに

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 原宿の緑に包まれた隠れ家的なレストラン【keisuke matsushima】に、 おふたりの未来までサポートしてくれるウエディングメニューを提供する熱いシェフがいた!?