【素敵な結婚式を発見!】入籍から1年。今こそ叶えたい!ゲストと楽しむ結婚式のつくりかた

ウエディングプランナーによる素敵な結婚式の連載コラム。今回は、入籍から1年経った今こそ結婚式をしたい!と願う新郎新婦のプランニング事例をご紹介します。
ふたりの愛情を豊かに育ててこられたのは、見守ってくれた家族や友人の存在があってこそ。ナチュラルなふたりの魅力を表現しながら、ゲストに楽しい!美味しい!ふたりらしい!と感じてもらえる結婚式のアイディアに注目です。(文:桑田千寛)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1802

出典:gensen wedding |葉山庵Tokyo


1. 結婚式のプランニング事例

今回ご紹介するプランニング事例には、入籍から1年後に結婚式を行うことを決意した新郎新婦が登場します。近年では、新生活をスタートすると同時に入籍を行い、ライフバランスを整えてから結婚式を行おう、という新郎新婦も増えていますよね。
夫婦によって仕事、育児、住環境、家族事情、お金のことなど、大切に考えたい物事の優先順位が異なるのは当然のこと。結婚式はふたりで歩む長い人生の通過点のひとつと考えれば、いつだって挙げることが出来ます。

何より、ふたりにとって幸せな選択をすることは、周囲にとっても喜ばしいことのはず!これまでのふたりを温かく見守ってくれた家族や友人に、あらためて伝える“ありがとう”の気持ち…
その伝え方には、“感動”を涙と共に分かち合うのも素敵だけれど、すでに築いてきたフランクな関係を楽しんでしまう!という方法も。

肩ひじを張らないで“自然な笑顔”を生み出すプランニングで、ふたりとゲストの絆をより深めることが出来る、アットホームな中にも“ふたりらしさ”を活かしたアイディアにご注目ください。


1-1. 結婚式のテーマは「ふたりらしい温もりが伝わる、おもてなし婚」

結婚式を行うタイミングは人それぞれ。とは言え実際には、入籍からの経過年数によって“どんな結婚式をすれば…?”と、首をかしげてしまう新郎新婦が少なくありません。
なぜなら入籍したことを親族や友人に報告すると、結婚式の予定がないなら大抵の場合、個別にお祝いをいただいたり、お祝いの席をセッティングしてもらったりします。
こうして結婚式をしなくても、お互いの親族や友人と仲を深めていく新郎新婦がほとんどでしょう。

すると、いざ結婚式を挙げよう!となった時、かしこまった形式的な結婚式では何だか違和感を覚えるかもしれませんね。
かと言って、エンターテイメント性を追求した派手な演出で盛り上げるというのもゲストが観客化してしまい、ふたりとの絆を深める機会には程遠くなります。

そんなふたりにこそ“自分たちらしい”と言える結婚式にこだわってほしいのです。

このプランニング事例の新郎新婦にとっても、自分たちらしさを表現することは大切なポイント。
それは、ふたりよがりのものではなく“ゲストが楽しめること”“ゲストとの絆を再認識できること”に重点が置かれていたため、結婚式のテーマを「ふたりらしい温もりが伝わる、おもてなし婚」と決定しました。

003

出典:gensen wedding |葉山庵Tokyo


1-2. このプランニング事例のポイント

この結婚式のプランニング事例のポイントは、次の3つです。

①家族に囲まれて確かめ合う愛のセレモニー
②結婚式前からつのるワクワク感!招待状から始まるおもてなし
③ゲストと一緒につくる空間と、シェフとつくるオリジナル料理

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

①家族に囲まれて確かめ合う愛のセレモニー
このプランニング事例の新郎新婦は、ふたりの晴れ姿を待ちわびていた家族と温かな時間を過ごしたい想いもあり、挙式は家族・親族のみで行います。というのも結婚式は、親御さんにとって“子育て卒業記念”となる一大イベント。
素敵なパートナーに巡り会えた息子・娘の晴れ姿を見ることで、自分たちが勲章をもらうような気持ちなのだとか。友人を交えないことで、最も身近で寄り添い応援してくれる両親、兄弟、親族それぞれの感慨深い想いに寄り添い、夫婦や家族の絆を再認識する儀式となるでしょう。

②結婚式前からつのるワクワク感!招待状から始まるおもてなし
ゲスト全員と結婚式を楽しもう!と思った時、効果的に使ってほしいのが結婚式のBGM。新郎新婦が選んだ曲を流すのが一般的ですが、ゲストが好きな曲をリクエスト出来る!なんておもてなしなら、みんなで楽しめると思いませんか?

そこでこのプランニング事例では、好きな曲、ふたりとの想い出の曲、選んだ理由を招待状の返信ハガキに書き添えてもらい、パーティ中にMCよりご紹介!
ゲストは、選ばれるかもしれない期待感と紹介されたときの喜びを感じ、新郎新婦は、準備期間をより楽しく過ごすことが出来ます。

③ゲストと一緒につくる空間と、シェフとつくるオリジナル料理
結婚式当日、ゲストテーブルのフラワーをゲストの手で仕上げてもらう演出を組み込みます。パーティルームの入り口用意された色とりどりの花々をゲストが選んで、テーブルに用意された花器に活けていくのです。
このお花可愛いね!あっちのテーブルも素敵!などとゲスト間で自然と会話が増え、新郎新婦入場前に会場内のテンションが上がるきっかけに。

またこのプランニング事例では、パン職人である新郎の自家製パンを取り入れたオリジナルメニューをシェフに相談。さらに新郎新婦や家族が好きな肉や魚のメイン食材と組み合わせて、五感で楽しむオーダーメイドのコース料理を完成していきます。
出来上がったメニューリストには、料理名に新郎新婦の名前を入れるなどして“ふたりだけのオリジナル”であることが、ひと目でわかる工夫も!

▼実際のプランニング事例がご覧いただけます
【EAT,Drink and be MARRIED】「食べて、飲んで、結婚式を楽しんで」をテーマにおふたりらしいナチュラルWeddingをご提案いたします

001

出典:gensen wedding |葉山庵Tokyo


2. このプランニングが叶う結婚式場のチェックポイント

ご紹介事例のような“おもてなし婚”を叶えるためには、式場選びで以下のポイントをチェックしましょう。


2-1. Point①肩ひじを張らず特別感も味わえる空間?

結婚式を迎える日までにつのらせた感謝の気持ちや、ゲストと分かち合いたい様々な想いのやり取りをするには、リラックスできる空間が必要。
豪華絢爛な煌びやかさより、自然光をたっぷり取り込む明るい雰囲気で、樹木の緑が目に優しいナチュラルな会場のほうがフィットしやすいでしょう。
ゲストとの距離が近く感じやすいレストラン、貸切利用できるゲストハウスなどがおすすめです。

002

出典:gensen wedding |葉山庵Tokyo


2-2. Point②オリジナルメニューに対応してくれる?

結婚式場には「グランドメニュー」といって、単価別に式場が選んで準備した、いくつかのコース料理があります。
グランドメニューにアレンジを加える、アレルギーの方へ別の料理を準備するなどの対応は、どこの式場でも行ってもらいやすいですが、新郎新婦に合わせた完全オーダーメイドのメニュー作りは難しい、といったケースもあります。

この点にこだわる場合、おすすめなのは断然、オーナーシェフのレストラン。
ブライダル専門の式場と違うメリットとして、“食”に関するプロであることから、一般営業時の幅広いメニューリストより柔軟に対応してもらえやすいでしょう。

01-197

出典:gensen wedding |葉山庵Tokyo


2-3. gensen weddingおすすめの会場

この結婚式のプランニングにおすすめの会場は、「葉山庵Tokyo」。
都心にあるとは思えない豊かな自然と、リゾート感たっぷりの開放的な雰囲気が人気のフレンチレストランです。スタンダードメニュー、プリフィクスメニュー、オリジナルメニューの幅広い対応力で、ふたりの結婚式に華を添えてくれます。
また、会場コーディネートでは、フローリストがスケッチを作成してくれるため具体的イメージを事前に確認出来て安心!予算が足りない場合には、自分たちで装飾品を準備することをおすすめしてくれるなど良心的な自由度の高さも魅力ですよ。

▼この会場についての詳しい記事はこちら
【葉山庵Tokyo】大人の街・青山で料理と花が主役!のレストランウエディング

img_2196

出典:gensen wedding |葉山庵Tokyo


3. まとめ|結婚式はいつか必ず挙げられる

入籍から年月が経ったカップルに向けて、自分たちにフィットする結婚式のプランニング事例よりご紹介しました。

“今さら、なんて思われないかな?”と気がかりな新郎新婦もいるのでは。ですが、人生の通過点である結婚式は、“いつかしたい!”その想いを周囲に伝え続けることも大切です。
結婚10周年記念に、結婚式を挙げられたご夫妻をプロデュースしたことがありますが、このご夫妻も憧れの想いを10年間ずっと周囲に伝え続けていました。

仕事のステップアップに励みながら念願のマイホームを手に入れ、お子さん3人と幸せに暮らすふたりの姿を見守ってきた家族や仲間は、ふたりが驚くほどの熱狂ぶりで結婚式を盛り上げてくれました。
そして結婚式の後は、以前よりも仲間同士の交流がさかんになったということですよ!

いつの日か結婚式を…そう願っているなら、ふたりが大切にしたいこと、憧れの想いを大切なみんなに、たくさん話して!
周囲に理解を求めながらゆっくり育てていけば、憧れがリアリティを増して、具体的なプランにつながり、その日は必ず叶います。

何から始めたら良いかわからない、自分たちにあう結婚式を知りたい、という方は、結婚式場相談カウンター「gensen wedding」へ。
たくさんの結婚式をお手伝いしてきた元ウェディングプランナーが、結婚式場探しを無料でサポートしています。

gensen weddingが選ばれる理由
1.元プランナーが本当に満足できる結婚式場だけを厳選してご紹介(76項目の独自審査あり)
2.経験豊富な元プランナーが専属アドバイザーとして会場決定までフルサポート
3.「元プランナーが最低価格を保証」どこよりもお得&後から上がらない納得のお見積り

gensen wedding コンセプトはこちら

ダンドリのご案内はもちろん、結婚式の内容やテーマを一緒に考えたり、お得に挙げるためのお見積りアドバイスを行いながら、ふたりにぴったりな結婚式場をご提案しているので、初心者カップルさんも安心して式場探しを進められます。

相談会も随時開催しているので、雑誌やインターネット上の広告ではわからない、【結婚式のホント】が知りたい方はぜひ気軽にお越しください。

自分にぴったりな結婚式場が知りたい方はコチラ
gensen weddingブライダル相談会

出典:gensen wedding |葉山庵Tokyo


元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 月・火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • こだわり・アイデア
  • 【素敵な結婚式を発見!】入籍から1年。今こそ叶えたい!ゲストと楽しむ結婚式のつくりかた